体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

増田セバスチャン初監督映画『くるみ割り人形』豪華ボイスキャスト&極彩色場面カット解禁! [オタ女]

くるみポスター_0623_2

この冬、ハローキティの生みの親“サンリオ”が贈る、ファンタジー映画『くるみ割り人形』。チャイコフスキー作曲による世界三大バレエのひとつ“くるみ割り人形”は、大切なものを守るため、自らの“いのち”をかけて奮闘する少女の姿とその世界観が、100年の時を超えてなお人々の心を魅了しています。

3

世界中で愛され続ける名作童話が、【極彩色ミュージカル・ファンタジー】として11月29
日に劇場公開が決定。“Kawaiiカルチャー”の第一人者の国際的アーティスト・増田セバスチャン氏が初の監督を務める映画としても話題の今作。“カワイイ”にこだわり表現す続ける増田氏がどのような作品世界を生み出すのか注目が集まっています。

2

すでに、物語の主人公クララに現在公開中のジブリ映画『思い出のマーニー』で初声優ながら堂々と物語を生きた有村架純さん、主人公クララと運命の出会いを遂げる若き将校フランツを松坂桃李さんが演じるというメインのボイスキャストが発表されています。
加えて、脇を固める豪華ボイスキャスト、さらに映画の場面カットが解禁となりました!

2_0806

フランツと敵対する悪役、【ふたつ頭の白ネズミ女王・マウゼリンクス夫人】を、自身初声優となる広末涼子さんが演じ、ふたつ頭のネズミの女王という一人二役の難役に挑戦。体は一つながら、ふたつ頭の特徴を出すため声色も高音と低音でそれぞれ表現し、物語に厚みとユニークさを出しています。

クララの庇護者である【ドロッセルマイヤー】をはじめ、人形の国で怪しげなギターを弾く【不思議なお婆さん】や、クララが迷い込んだ森で出会う【人形遣い】、更には、クララに“本当の愛”の尊さを説く【時計職人】の合計四役に名優・市村正親さん
1979年に公開された『くるみ割り人形』のオリジナル版では、市村さんの師匠であり、劇団四季入団以前に付き人を3年間やっていた西村晃さんが同じく四役を演じており、市村さんにとって非常に感慨深い出演となるそう。

マウゼリンクス夫人の息子【シュヌルル王子】には、芸人ながらも高い演技力でドラマや映画でも活躍する藤井隆さん。昨年2013年6月にリリースした自身のシングルジャケットには、主人公クララを使用していて、自身にとっても思い出深い作品への出演となります。

人形の国でクララに助言をする【謎の女占い師】には、現在「天才!てれびくん」でお茶の間の子供たちから絶大な人気を博している大野拓朗さんが、自身初の“女形”の声優に挑みます。
来年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』でも好演が期待されており、妖艶な容姿でありながらも、物語の鍵を握る難しい役どころをどのように演じきるか楽しみ。

他にも、蜷川幸雄さんの演出作品に多数出演し、現在「花子とアン」で嘉納伝助を演じる吉田鋼太郎さん、安蘭けいさん、日本を代表するシンガー 由紀さおりさん、元AKB48の板野友美さんなど、豪華な顔ぶれが勢揃い。

このキャスト起用の理由について制作サイドは、「アニメーションの枠に留まるのではなく、舞台やミュージカルをイメージした。そのため、プロの声優には出せない世界観を演出するため、映画界、演劇界、音楽界から、若手からベテランまで実力派の10大俳優を起用。キャストのうち半数が初挑戦ということで初々しさも残る中で、生命力が感じられる独創的なキャラクターを生み出せた。」と語っています。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。