ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

9月1日から国内の飛行機離着陸時でもスマートフォンやタブレットを使用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在、国内における飛行機の離着陸時にはスマートフォンやタブレットを始め、全ての電子機器の電源を切る必要がありますが、9月1日から条件付きで電源を切らずに使用できるようになるそうです。TBSが伝えました。条件と言うのは、スマートフォンやタブレットにはほぼ全ての端末に組み込まれている「機内モード」をONにすることです。機内モードでは全ての通信機能がOFFになるので、端末から発する電波はごくわずか。TBSの報道によると、国土交通省が既に解禁している米国からの要望を受けて検証した結果、運行に支障がないことを確認したとして、日本でも解禁する方針にしたのだそうです。離着陸時に使えるようになるといっても機内モードにした上で、従来どおり通話やパケット通信は制限されます。しかし、電源のOFF/ONを行なう手間が省けるのはオフライン作業の中断を回避できるので意味のあることです。Sourec : TBS


(juggly.cn)記事関連リンク
恵安、10.1インチKitKatタブレット「KPD102R V2」と「KPD102R V2 16G」を国内で発売
インクリメントP、2014年版のAndroid向けオフライン地図アプリ「MapFan 2014」をリリース、今なら通常価格から97%OFFの100円で購入可能
NTTコミュニケーションズ、月額2,780円でLG G2 miniとOCN モバイル ONEを販売する新サービスを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP