ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽をもっと身近に!振るだけでカンタンに演奏できるiPhoneアプリ登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽器の演奏。それは、老若男女問わず、万人の夢。ギターやピアノをさっそうと弾く姿に、憧れたことはないだろうか。「Cue(キュー)」は、そんな願いを叶えるiPhoneアプリ。なんと、ただ振るだけで音楽が演奏できるという、まったく新しいタイプのアプリケーションなのだ。

使い方は、いたってカンタン。まず、スタートボタンを押し、4回振ってテンポを決めると、リズムのループが始まる。そのリズムに合わせてiPhoneを振れば、同じタイミングでループに音が追加されていく仕組みだ。

楽器の変更も、自由自在。ドラム、ベース、楽器1、楽器2の4種類に切り替えができる上、それぞれに音をどんどん追加していくことも可能。もちろん、各楽器の音色のチェンジもOK。好みに合わせて音色を変えながら、演奏を楽しめる。

さらにすごいのは、自分の演奏を友達のiPhoneからも鳴らせる共有機能があること。同じタイミングで音が鳴り始めるので、バンド感覚で一緒に演奏ができる。人数は、10人でも100人でも、何人でも可。リズムに合わせて、LEDフラッシュの点滅もできるので、盛り上がること間違いなしである。

初心者でも手軽に演奏できる、嬉しいアプリ。カラオケやイベントで、さらりと腕前を披露してみてはいかがだろうか。

Cue(キュー)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP