ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenModの独自通知パネル「CM Home」がほぼ全てのAndorid 4.4.xで利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AndroidベースのカスタムROM「CyanogenMod」に最近実装されたGoogle Now風の独自通知パネル「CM Home」をCyanogenMod以外のAndroid 4.4.x(KitKat)で利用する方法がXDA Developersで公開されました。CM Homeは、CyanogenModのホームアプリ「Trebuchet」でホーム画面を右側にスワイプするとGoogle Nowの代わりに表示できる通知パネル+検索ボックスのことです。外観がGoogle Nowパネルに似ています。CyanogenMod以外のROMへの導入方法は、下記のリンク先から「CM Home」と「Trebuchet(ホームアプリ)」のapkファイルをダウンロードし、いつも通り手動でインストールします。そして、ホームアプリを「Trebuchet」に切り替え、ホーム画面の設定メニューの「検索パネル」から「CM Home」を選択します。XDAのスレッドの説明では、CM Hoeはほぼ全てのAndroid 4.4.x ROMで利用できるとされています。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
ミックウェア、ドライブシーンと連動した音楽再生機能を搭載したAndroid用カーナビアプリ「G:O Hybrid Navi」をリリース
Sony、AndroidウォークマンFシリーズの新コラボモデル「the GazettEモデル」を発表
Android版「エキサイトニュース」がv2.1.0にアップデート、ロック画面にニュース記事を配信する新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP