ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wear Mini Launcherがv2.0にアップデート、アプリドロワーのカスタマイズが可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Wear用のランチャーアプリ「Waer Mini Launcher」がv2.0にアップデートされました。v2.0はアプリにカスタマイズ機能を追加したメジャーアップデート版で、Android Wearにおける利便性が向上しました。追加されたカスタマイズ機能は、グリッドサイズやアイコンサイズ、ドロワー背景色の変更、ラベルの表示/非表示やタッチバイブのON/OFFの切り替え、ブックマークアプリのピン止め機能のほか、アプリドロワーのトリガーを下部と左右の計9箇所から変更できるようになりました。また、QuickSettingsパネルにWi-Fiテザリングの切り替えとメディアボリュームの調節のボタンが追加され、リモートで操作できるスマートフォンの機能も増えました。このほか、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語への対応も行われています。「Wear Mini Launcher」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenModの独自通知パネル「CM Home」がほぼ全てのAndorid 4.4.xで利用可能に
総務省、「アプリDE統計」をv2.0にバージョンアップ、地域の魅力や観光情報を閲覧できる新コーナー「ふるさと自慢」が追加
将来のスマートフォンバッテリーは既存の3~4倍は長く使えるかも、スタンフォード大学の研究チームが新技術を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP