ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「LINE乗っ取られてスタンプ消えた……」問い合わせたら全復活&まさかの神対応!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


悪意ある第三者が他者のユーザーになりすまし、その友人たちにiTunesカードやWebMoneyの購入を依頼する、「LINE乗っ取り」。先日、筆者も乗っ取りに合い、その事の顛末をレポートでご紹介しました。

【関連記事】私「LINE」乗っ取られました……“あの撃退ワード”は効く? ありのまま今起こった事を話すぜ!
http://getnews.jp/archives/621961

筆者のセキュリティ意識が低かった為起きてしまったこの乗っ取り。周りの友人たちがこうした被害が多発しているのを知っていたので騙されなかった(ついでに面白い返しをしてくれた)ので最悪の事態を防げたわけですが、旧アカウントを削除してもらい、新アカウントを取り直して、一息ついた時に襲ってくる虚無感。「ああ、私の今まで購入したスタンプが消えてしまった……」。

そう、新アカウントを作ったら消えてしまうこれまでのスタンプ。「いいんだ、誰も騙されなかったんだから」「良かった。プリペイドカードが無くて困っている人はいないんだ」と自分に言い聞かせようとしても、悲しいもんは悲しいのです。結構スタンプを買う方で、50個ほどは買ってたので悲しみもひとしお。

しかし結論から言うと、スタンプ全部戻ってきました! そして思いもよらなかった神対応も。LINEカスタマーサポートさん本当にありがとう!

「問題報告フォーム」で報告したらスタンプが戻ってきた!

LINE乗っ取り被害にあったら、まずは「LINE 問題報告フォーム」(https://contact.line.me/ja/)に報告を。乗っ取られた旧アカウントの削除は迅速に行ってくれますし、有料アイテムの保有についての質問もあり、スタンプやコインなど自分が失ってしまった物の調査をお願い出来ます。

4)保有していた有料アイテムについてお聞かせください
※該当する内容に ○ をいれてください
( )有料スタンプ(プレゼント含む)を保有していた
( )有料コインを保有していた
( )有料着せかえ(プレゼント含む)を保有していた
( )LINEウェブストアにてLINEクレジット残高があった
( )有料アイテムは何も持っていなかった

と、上記の様な質問に答えていくわけです。そして、旧アカウントのIDを知らせて、LINE側で確認がとれればスタンプが復活するというわけ。ただ、アカウントの引き継ぎ(スタンプの再付与)は本来「LINEに登録されているメールアドレスとパスワード、もしくはFacebookアカウントの情報」が一致されていないと行えないもの。今回筆者にスタンプが戻って来たのは、LINE乗っ取り事件が多発しているからこそのLINE側の対応であり、必ず戻ってくるとは限りません。対応はユーザーの状況によって異なると思いますので、細かく問い合わせてみるのが良いと思います。

また、現在同じ様な問い合わせが大量に来ているとの事で、再付与などには数日〜一週間ほど時間がかかるので、こちらも心づもりをしておきましょう。とは言え、「対応が遅れる旨」についての返信はすぐに飛んできたり、都度現状についての報告をくれたのでとても安心感がありました。

まさかの神対応も!

この乗っ取り騒動があった時、「へへっスタンプ全部消えちまったぜ……」としょんぼりしていたら、友人が「三国志は無いと不便だぞ」と三国志スタンプをプレゼントしてくれました。というのも、筆者はもともと三国志スタンプを保有していて、ヘビーユーザーかつ、その友人ともかなりやりとしていていたんですね。


優しい世界!

その後、筆者のスタンプが全て戻ってきたわけですが、LINEカスタマーセンターからのメールには以下の文章が。

「また、現在ご利用のアカウントと以前ご利用されたアカウントで、同一アイテムのプレゼントを受け取られていることを確認したため、重複分につきましてはお相手さまに返金処理を行わせていただきました」

つまり「三国志スタンプが重複していたから、お友達にお金返しておいたよ!」という事。なななな、なんて細やかなサービスだ! もちろんこれも、全ての方に対応されるという保証は筆者は出来ませんが、ちょっと感動してしまいました。

と、LINEカスタマーセンターの皆さん、そして周囲の暖かい励ましによって筆者の楽しいLINEライフが戻ってきたというわけです。まだ、パスワードを変更・セキュリティ対策していない皆さん。今すぐ自分のLINEを確かめてみてね!

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP