ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魚っぽい名前の人ほど得をする? 『魚民』がギョギョギョ~なキャンペーンをスタート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


みなさん、こんにちは。好きな魚は“イワシ”の、ガジェ通ライターよしだです。魚へんに弱いで鰯(イワシ)って、誰かイワシの許可は取ったんですか!? という話はさておき、店名に“魚”が付いた居酒屋チェーン『魚民』が、魚の名前を使った面白いキャンペーンを展開しているのでご紹介します。

本日よりスタートした“魚民はどこにいる?”キャンペーンは、「人はだいたい、魚民だ。」というキャッチコピーを掲げ、約5300種のお魚データベースから、あなたの名前と関連度の高い魚をマッチングし、その魚民度(=合致度)を0~200%で算出するというもの。簡単に言うと、鈴木(=スズキ)さんや、伊崎(=イサキ)さんのような魚っぽい名前の人ほど魚民度が高いということです。参加するだけで、“生ビール1杯無料券”がもらえるだけでなく、魚民度によっては、“魚民商品券10万円分”や、“海外スペシャル旅行ご招待”などの豪華商品にも応募できる、楽しくてお得なキャンペーンです。


キャンペーンサイトに行くと、黒ずくめで何やら怪しい男女のヒーローがポーズを決めています。ほうほう、きっと魚民度200%のヤツらはこんな感じなのだなと思ったのですが、『魚民』によると、この2人は“FISH HERO”と“FISH GIRL”という、今回のキャンペーン用の新キャラクター。なんと、2014年米アカデミー賞短編アニメ部門ノミネート作品『九十九』のキャラクターデザインを担当した、桟敷大祐(さじきだいすけ)氏がデザインを手がけているらしく、このキャンペーンへの力の入れようがうかがえます。自分の魚民度を調べるために入力する情報は、性別とカタカナの氏名のみ。あとは「CHECK」ボタンを押せば、約5300種のお魚データベースからあなたの名前と合致する魚がピックアップされ、その魚民度が算出されます。筆者も、性別「男性」、苗字「ヨシダ」、名前「タツキ」と入力。すると結果は……。



苗字の「ヨシダ」は、“イシダイ”と少し名前が似ていることで、魚民度50%。名前の「タツキ」は、“ハナタツ”とリンクしてこちらも魚民度50%。計100%の魚民度と診断されました。これは結構高い評価なのでは? と思ったのですが、“1品もしくは、お造り5種盛り合わせ無料券”をゲットするには、残念ながら魚民度があと1%足りず、“魚民商品券10万円分”や“海外スペシャル旅行ご招待”などに応募するためには、151%以上の魚民度が必要だったようです。結果が表示されたページの傍らには、頭を抱え、腕と脚を露出したFISH HEROが……。コスチュームも半分ということですね。なんだか恥ずかしい気持ちになってきました。ちなみに、自分の算出結果を『Facebook』もしくは『Twitter』でシェアするだけで、追加としてもう1品が抽選で当たる“SNS BONUS CHALLENGE”に挑戦することが可能。キャンペーン期間は、10月31日(金)までです。

苗字が「フグタ」で、名前が「サザエ」だったらきっと高い魚民度を叩き出すんだろうなぁ、とぼんやり考えている今日この頃。みなさんも、魚っぽい名前の友人を誘って、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

“魚民はどこにいる?”キャンペーンサイト:
uotami.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP