ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「自撮王への道」・・・・禁断の海外通販へ ー 『GoPro ぐるぐるマウント』 を『amazon.com』で購入するには(7)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

前回見つけた衝撃的な映像。

・・・「こ、これは 『GoProぐるぐるマウント』だっ!!!」

謎の撮影ツール 通称『GoPro ぐるぐるマウント』とは・・・!!

GoPro自作グルグルマウントテスト
https://www.youtube.com/watch?v=_le8Fh1Sjsk

DIY初心者だが『GoProぐるぐるマウント』を自作してみる ~その1~
http://www.noriostyle.com/gopro/201310242046.html

アクションカムの世界では結構有名なこのマウント。

アームをヘルメット頭頂の回転マウントに取り付け、そのアームの先に取り付けられたカメラが、アームの回転に追従して撮影を行い、あたかも被写体の回りを取り囲んで撮影をしている様な、とても面白い動画を撮る事が出来ます。

スキーヤーが手ぶら撮影を行う時に良く使われており、原則的に、皆さん自作をされている様です。

…結構作るのが大変そうですね。自作するのは面倒だなあ、どこかの会社が商品化していないかなぁ…と思って、実はかねてより、日本の大手通販サイトを、ずっとチェックしてはいたのですが、やっぱり、なかなか見つける事は出来ませんでした。

まあ、日本人の感覚なら、「作ってしまう方が早い」、と思ってしまうのかもしれません。

画像から検索をかけ、商品名は『Gopro Camera Selfie Arm Helmet 360 Degree Swivel Rotating Mount Selfshot Arm Assistance for Cycling Skydiv』と判明。

商品名さえ分かれば、もうこっちの物。『amazon.com』のページも直ちに検索出来ました。

http://www.amazon.com/gp/product/B00JJH86MO/

値段は、$79.99。買えない値段ではありませんね。欲しいぃい!!

自撮王たるもの、欠かす事の出来ないアイテムです。

速攻で、ポチってしまいました。

・・・・という訳で購入してしまいました

ちなみに、この商品は、ポールの両端にカメラ固定用の『GoPro』のマウントが付いており、2つのカメラを同時にポールに吊り下げる事が可能です(カメラを1台しか取り付けないのであれば、もう1方は重りを吊り下げてバランスを取ります)。

残念ながら、ヘルメットと、ヘルメット側に取り付ける『GoPro』のマウントは付属していないので、自分でそれらを買い足す必要があります。

『amazon.com』からの商品購入方法は前回の経験で要領を得ていたので、同様の方法で無事手配完了。

注文してから約2週間程度で商品を入手する事が出来ました。

2回ほど、海外通販を経験して痛感した事は、

※「米国内~米国内の荷物の配送は結構時間がかかる。米国内配送期間は、数日から1週間程度は、ごく普通」

という事です。日本の宅配便と同じ間隔で居ると、少しイライラするかもしれません。転送業者に、荷物が到着してからは、割とテキパキと出荷される様です。慌てない、慌てない。一休み、一休み・・・

では、いざ装着!

・・・では、早速被ってみましょう。

うーん、なかなかいい感じ…?(動画が無駄に4K)

・・・でも何か物足りない。

・・・そうだ!忘れてた!!『VuPackPro』が足りないんだ!!…合体っ!

…通報しますた。(動画が無駄に4K)

すんません、素直に『360cam』到着まで待ちます。

続く。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP