ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全米最大のポップカルチャーイベント「コミコン2014」でタートルズファン5,000人が熱狂!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイのプロデュースにより、まったく新しいアクション超大作として生まれ変わる『ミュータント・タートルズ』の日本公開が12月に決定(全米公開8月8日)。

現地時間7月24日(木)夜(日本時間7月25日朝)、米・サンディエゴで開催中の全米最大のポップカルチャーイベント、コミコン2014で『ミュータント・タートルズ』のプレゼンテーションがホールHで開かれ、主演のミーガン・フォックス、ジョナサン・リーベスマン監督、ウィル・アーネットらが登場。新しい映像が上映されたほか、会場に詰めかけたファン5,000人がテーマ曲を大合唱するなど、熱狂的な盛り上がりを見せました。

映画『ミュータント・タートルズ』ニューヨークの地下道に住み、悪の手から街を守る4人のヒーロー、レオナルド、ラファエロ、ドナテロ、ミケランジェロ。最先端のVFXで、実写版の“タートルズ”が世界を駆け巡ります!

コミコン2014 『ミュータント・タートルズ』プレゼンテーション詳細
日時:現地7月24日(木)午後/日本時間7月25日(金) 朝  
場所:アメリカ・サンディエゴ、ホールH
登壇:ジョナサン・リーベスマン(監督)、ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、ケビン・イーストマン(原作者)、ブラッド・フラー(製作)、アンドリュー・フォーム(製作)

これまで、幾度となくアニメ、映画、ゲーム化され、今も愛され続ける「タートルズ」。マイケル・ベイによって最高にクールで熱いアクション・アドベンチャーに生まれ変わった本作のプレゼンテーションは、コミコンの中でも最大のホールで、話題の作品やゲストが集まることで知られるホールHで行われ、これまでの『タートルズ』の歴史を物語るフッテージ映像から始まった。今年は1984年に原作コミックが発表されて30周年となる。原作者のケビン・イーストマンは会場を埋め尽くすファンに向かって「君たちのおかげだ」と長く愛され続けていることへの感謝を述べた。そして、製作陣が「これまでで一番の『タートルズ』を作ろう!という気合で臨んだ」という本作については「ファンタスティック!!!」と原作者も大絶賛だった!

チャンネル6のTVレポーター、エイプリル役のミーガン・フォックスは、背中が大きく空いたトップスに、ぴったりとしたマイクロミニの全身黒のセクシー姿で登場。4人のタートルズのうち一番好きなキャラクターは?という質問では、バーノン役のウィル・アーネットが「ミケランジェロ!」と先に答えてしまい、これにはミーガンが「私がミケランジェロ大好きだって前から知ってるのに、なんで言っちゃうのよ!」とツッコミをいれる場面も。ミーガン・フォックスの溢れるタートルズ愛はミケランジェロだけにとどまらず、演じたエイプリルについて「プロデューサーたちや監督と話す前から、すでにとってもエイプリルに親近感を抱いていた」とかなりの入れ込みぶりだった。また、ウィル・アーネットは「子どもの頃に弟を通して、僕も好きになったんだ。今では自分の子どもたちと一緒にタートルズを楽しんでいる。子どもや友達も『タートルズ』の魅力にとても興奮しているよ」と、親子2世代で「タートルズ」ファンであることを明かした。

そのほか、本編の一部映像が上映されたほか、モデレーターのかけ声で、なんとタートルズのテーマ曲を会場中のみんなで大合唱する場面も!おなじみのテーマ曲の合唱にテンションが上がりっぱなしのファンの歌声は、曲の最後のサビ「heroes on a half-shelf. Turtle power!」(突然この世にあらわれた、世界一のヒーロー)で最高潮に!タートルズの爆発的人気を証明するワンシーンとなった。あまりの大盛り上がりに、時間オーバーのアナウンスが入ると、ミーガン・フォックスが「もっと質問して!もっとみんなで語ろうよ!」とファンとの”タートルズタイム”の終わりを惜しんでいた。

http://www.turtles-movie.jp/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP