ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アメリカで『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』が先行公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本より先行して公開されたアメリカでは、全米で1,136か所の映画館が上映し、総額で470万ドルを稼いだという。

その数字から計算すると、1映画館あたり4,093ドルの利益となる。ちょっとこれは……。

海外のゲームファンは、さらに酷評をしている。たとえば、「人気がなくても驚かないよ。ゲームファンは誰も期待していなかったでしょうから」「『バイオハザード』の映画版のように、興奮してこの映画のことを語っている人はいなかった」など、厳しい声ばかりだ。

アメリカ『Yahoo!』の映画批評ではCプラスというピンとこない評価を受けており、日本でも「なぜいまになってチュンリーの映画?」という声も多いことから、日本での展開も苦戦が強いられるのではと思われる。

しかし、当編集部は『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』を実際に観たうえで、批評を掲載する予定である。どの映画にも良い部分はあるものであり、なにかしら得るものがあるはずなのだ(このニュースの元記事はこちら)。
 
 
こんな映画やゲームの記事もあります
【クリント・イーストウッド】衝撃の結末を描いた映画『グラン・トリノ』
『ファイナルファンタジーIV』の続編がWiiで発売決定! ただし……
『ストリートファイター』の情報をまとめて読みまくりたい!
【アンタッチャブルの特別講座】山崎、本物のライオン参加にドキリ!
映画『スタートレック』監督来日・待望の映画公開!

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。