ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidスマートフォンの画面表示をテレビやモニタサイズに変換できるAndroidアプリ「SecondScreen」がリリース(要root化)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidスマートフォンの画面の表示サイズをテレビ・モニタサイズに変換できる新アプリ「SecoundScreen」がGoogle Playストアにリリースされました。このアプリはroot権が必要になります。SecoundScreenは、AndroidのDPI値を変更することでAndroidスマートフォンをテレビや外部モニタの画面サイズに適したUIレイアウトに変更するアプリになります。モニタを2台並べて使うセカンドスクリーンとは意味が異なります。通常、HDMI/MHLやワイヤレスディスプレイを利用してスマートフォンの画面をミラーリングしても、出力先にはスマートフォンサイズのUIがそのまま表示されます。Bluetooth接続のキーボード・マウスを使ってAndroidをPC化する際に表示が大きすぎて利用しづらいのですが、その問題を解消してくれるのがSecondScreenです。アプリの利用方法は、アプリを起動すると表示されるモニタサイズのリストから出力先を選択します。1080pのテレビであれば「TV(1080p)」を選択するとスマートフォンの画面がタブレットUIのように小さくなりますが、ミラーリングするとテレビ画面に適したサイズになります。SecondScreen」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3のドコモ版とみられる「PM-0802-BV」と海外向けとみられる「PM-0806-BV」がFCCの認証を取得
日本通信、LG G2 miniと音声通話対応SIMカードをセットにした「LG G2 mini 月額2,980円」を8月1日にAmazon.co.jp限定で発売
Sonyが「Xperia Z2 Tablet」の分解方法を紹介(動画)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP