体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

傷つける性として生まれた罪を知れ

どうでもいいことかもしれない

今回はParis713さんのブログ『どうでもいいことかもしれない』からご寄稿いただきました。

傷つける性として生まれた罪を知れ
性的客体してだけ扱われる(いわゆるモノとして扱われる)”という事の恐怖感というか、嫌悪感のような話は、かなり前から繰り返されて来た事で、いまさらそう珍しい話でもないのだけれど、最近また盛り上がりを見せている。

何度目だよ」と言いたくなるような話ではあるが、何度も言わないと解らないバカがいるからだ(何度言っても解らないのは、伝え方が悪かったり、言う相手が間違っている可能性はないのだろうか?と疑問に思わなくもないが)という事なのだろう。 ただ、何度も繰り返される中で、男性にも抑圧はあると考えている私は、こうした言説が男性をさらに追い込んでしまう事はないのだろうか?と思ってしまうのである。

私も女なので、そういう恐怖も嫌悪感も解らない訳ではない。セックスのリスクが女の方が高いというのは“事実”であるし、セクハラだって不快である。私の場合は(アセクシャル *1 なのでセックスのリスクは置いといて)不快な言動をした人に対して「不快だ」と言ってしまうし、犯罪レベルの問題であれば犯罪として処理してしまうタイプの人間なのであまり深く考えないが(まあ、あまりそういう類いのバカに遭遇した事がないから言えるのかもしれないが)、こうした事を大変重く受け取ってしまう女性もたくさんいるのである。 中には“女になんて生まれたくなかった”と思う人もいるだろう(私は思った事がないが)。

こうした女性達の意見は全く持って“正論”であり、男性としては黙って受け入れる他はない。セクハラは“相手がセクハラだと感じたらセクハラ” *2 なので、反論の余地などないのだ。

*1:無性愛(むせいあい)、他者に対して恒常的に恋愛感情や性的欲求を抱かないこと。
「無性愛」 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/無性愛
*2:「セクハラQ&A」『日本フェミニストカウンセリング学会』参照
http://nfc505.com/modules/contents/index.php?content_id=10:title=

女性から男性に対してのセクハラだってあるが、男性がそれを訴えられる土壌というものがあまりないので、世間的には(ネットでは多少そうした事に対する言及があるが、いわゆるTVなどで取り上げられたりするような市民権はまだ得ていない)“男は加害者、女性は被害者”なのである。こうした問題では、とにかく男性は分が悪い。

とにかく女性がこうした恐怖感や嫌悪感を抱かないように注意深く相手を尊重して振る舞わなければならないのである。でも、どうやって?

それは非常に難しい。だって、受け取り方も許容範囲も人それぞれだからだ。「女をモノ扱いするのは男の仕様、あるいは男の性の脆弱(ぜいじゃく)性と所有欲について」 *3 のohnosakiko氏のように深く分析し、冷静に対応してくれる人も居るが、そのようには考えられない女性は多い(と思う)。中には「それは最早ミサンドリー(男性嫌悪)ではないか?」と思われる受け取り方をする人もいる。

*3:「女をモノ扱いするのは男の仕様、あるいは男の性の脆弱性と所有欲について」 『Ohnoblog 2』
http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20100522/1274531264

例えば「脚が奇麗だね」という言葉を“セクハラ”と感じる人も居れば、それを“褒め言葉”と感じる人も居るのである(「手が奇麗だね」と言われてセクハラと感じる人は少ないかもしれないが脚は結構居ると思う。私は平気だが)。 また、同じ言葉であっても、その言い方で(あるいは雰囲気で)それを不快に感じたりする人は居るだろう。

しかし一方で褒めて欲しいという女性だって存在する。昔、知人が「日本人男性は褒めてくれないから嫌。今付き合っている彼はアメリカ人なんだけど、会う度に”今日の君は奇麗だね”とか”セクシーだね”って言ってくれるの」と言っていたが、そのように何時も褒めて欲しい、と思っている女性もいる。「それは、彼氏として承認されたからだよね?」という声もあるだろうが、彼氏や夫以外の男性からの“褒め言葉”の受け取り方だって人それぞれで、ポジティブに受け取る人は実際にいるし、欧米のように挨拶(あいさつ)代わりに女性を褒めるという文化が日本にないのはつまらない、と言っている人すらいる。 

まさに受け取り方は人それぞれで、女性だからと言ってひとくくりには出来ない。“これが正しい女性への接し方です”などというものは存在しないのである。

もういっその事、男性は女性を相手にしない方が良いのかもしれない。そんな事すら思うがそうはいかない。「最近の男性は女性に対して積極的じゃないからダメだ」という話はしょっちゅう出てくる。ずいぶん前に、私はこうした男性のダブルバインド *4 についての記事を書いた。 

*4:「イケメンは女性に優しい。(非モテにまつわる抑圧の話)」『どうでもいいことかもしれない』
http://d.hatena.ne.jp/Paris713/20061221/p1

書いたが、私はそこで男性が欲望する性として位置づけられ、しかしその欲望は暴力を含んでいるとされる、ダブルバインドの状況にあるという事を指摘するだけで、その対策については書けなかった。あれから度々考えているが、答えは出ない。正しい振る舞い方が自明ではない以上、どうしようもない。どんな振る舞い方をしても、“加害者”になる危険性からは逃れる事が出来ないのである。

「それは一般常識のない男性の問題なのだろう」という人もいるかもしれない。だから「自分には関係ない」という男性も。ところが、女性慣れして女性に優しい男性も無関係ではなさそうだ。著作をたくさん出しているような偉い人がこんな事 を言っているからである。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。