体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「誰もが身につまされる“痛さ”がある」注目の女性監督『バイロケーション』インタビュー[ホラー通信]

IMG_2501

第17回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞、若手ホラー作家・法条遥のデビュー作『バイロケーション』が、角川ホラー文庫20周年記念作品として映画化。Blu-ray&DVDの発売が7月16日(水)に発売。

『バイロケーション』は世界中で実在報告がある怪奇現象“バイロケーション”を題材に、自分とまったく同じ姿、形、個性を持った“バイロケ”が自分の人生に侵食してくる恐怖を描く、究極のサスペンス・ホラー。もう1人の自分が殺しにくる斬新な設定、観る者を驚かす巧妙に張った伏線と衝撃のラスト。また史上初の試みとして、通常版「バイロケーション 表」と別エンディング版「バイロケーション 裏」を同時期公開しました。

本作のメガホンをとったのは、9月26日に公開される大人気ゲームの実写映画『劇場版 零~ゼロ~』の監督も務める、安里麻里さん。『バイロケーション』について「痛い痛いと思いながら脚本を書いていた」という安里監督。物語の見所などお話を伺いました。

bairoke_sub01

「バッドエンドの方が好評です(笑)」結末を2つ作った理由

――作品を最初拝見させていただいた時に、2回目、3回目を見たくなる作品ですね。

安里監督:文章だと「私って一人称で書いていても実は二人いました」ってなっているトリック的要素だったんですね。だから脚本を書いていて、それを映像にするとき「どう嘘を成立させなくてはいけないのか」という部分についてとても悩みました。2人出てくるけれど、感情の糸がつながっているように、ひとりの人間に見せなくてはいけない。話がさもつながっているようにして、実は人が変わっているけれど、同じ人みたいに見えるように出来事を並べたりとか。でも、それが(見た目が全く)一緒になってしまっていたら、後で言われた時に分からないから、髪の毛縛っている人と下ろしている人とか、赤い部屋と緑の部屋とか。一応なんとなく言われたら「そういえば~」となるように記憶させること、微妙な違いをきちんと言っておくことがとても難しいかったですね。

――原作から生かした部分とか、逆に原作とは異なる部分などでこだわったところはありますか?

安里監督:原作で生かしているところは最後のオチですね。主人公がひとりは絵書いている方。もうひとりは結婚してしまった方という、お互いがお互いになりたいけどなれない。悲劇的に終わるという部分では、オリジナルが死んでしまってバイロケも消えてしまうっていうのが原作のオチだったんですけど、この物語はこれが一番のテーマだと思っていたので、そこを大事にしたかったんです。そのために前半、中盤をトリックとあせてどう作るか、赤い部屋、緑の部屋っていうのは原作にはないけれど、髪縛る、縛らない、などそういう差も映画ならではのやり方で付け足しました。あと、キャラクターも例えば高校生の加賀美っていう役は、原作では大人だったんですけど、あえて子供にしてかつ顔をわざと見えないようにしたりしました。人の記憶に残るように「ひとりだけ制服着た子供がいる」「なんだろう」という違和感をもたせるようにしたり、目しか見えなくて何を考えてるのかわからないといった風にしました。

その他も、キャラは結構変えていますね。真由美っていうお母さん役(酒井若菜さん)も変えています。物語が最初バイロケーションってやばい人、やばい存在なんだっていうのを滝藤さんで見せて、この人たちとのバトルの話なんだと思っていたら、中盤からお母さん役のキャラが、実はバイロケーションで、バイロケも人間だったんだ。そんなかかわいそうな普通の人間もいて、凶暴なだけではない、初めてバイロケーションの意味がわかるっていう。実は全部勘違いが起こしているとわかるんです。だから、後半は原作のオチにを意識して、主人公が実はそうでしたっていう風に引っ張れるように作り替えましたね。

――女性として身につまされる部分が多く、安里監督自身も脚本を書きながら痛い痛いって思いながら書いていたとインタビューで仰っていましたが、特にどの辺が執筆されていて辛かったですか?

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。