ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Alllwinner A80初採用のAndoridタブレット「Onda V989」のデモ動画、最近の中華タブレットは様々なスマート機能も搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカーのAndroidタブレットは、これまではただ安いということが最大の売りだったと言えますが、最近ではグローバルメーカーが自社の製品に導入した様々なスマート機能を取り込み機能を充実させている製品も登場し始めています。今回紹介するのはAllwinnerの新プロセッサ「A80」を初搭載した「Onda V989」です。この端末はiPad Airをマネた9.7インチのAndroidタブレットなのですが、単に形状が似ているだけではありません。公開されたデモ動画によると、Onda V989には画面を2度タップすると画面が点灯する機能(タッチセンサーを常時ONにしているそうです)や、頭の動きや顔のパーツをフロントカメラが追跡・認識して、ユーザーが動画を再生中に居なくなったり、別の方向を向いたりすると再生を停止する「スマートポーズ」、画面を見ている間は画面を消さない「スマートステイ」、ベッドで寝ながら操作しているときは画面の向きをユーザーの顔の向きに固定する「スマートローテーション」といった機能を搭載しています。Source : ARMDevices.net


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 4はWQHDディスプレイを搭載?プリインストールアプリ一覧の画像が公開される
Googleが新しいRobotoフォントを公開
Xperia T2 Ultraシリーズが最新アップデートでアプリをMicro SDカードに移動できる機能に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP