ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その豆カレー10万人分! インドの黄金寺院にある“無料食堂”を描いたドキュメンタリー『聖者たちの食卓』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


大きな鍋で作るのは10万人分の豆カレー。インドの聖なるキッチンの舞台裏を追う映画『聖者たちの食卓』の上映が9月27日に決定。予告編動画も公開されています。

『聖者たちの食卓』は、インドのシク教総本山にあたるハリマンディル・サーヒブ<黄金寺院>にて、500年以上続く、人種も、階級も、宗教も関係なく、お腹を満たすことが出来る共同食堂を映したドキュメンタリー。2012年の東京国際映画祭、ナチュラル TIFF 部門にてグランプリを受賞しています(原題/Himself He Cooks)。


ハリマンディル・サーヒブ<黄金寺院>では毎日5〜10万食が巡礼者や旅行者のために、すべて無料で提供されています。そこは宗教も人種も階級も職業も関係なく、みなが公平にお腹を満たすことができる「聖なる場所」。想像すらつかない沢山の食事は、毎日どのように用意されているのか? スクリーンに映し出されるのは、驚くべきキッチンの舞台裏と、それに関わる人々の一切無駄のない神々しい手さばき。もちろん、近代的な調理器具は使わず、全てが手仕事で行われています。

監督は、自らも移動式キッチンのシェフとして腕をふるうベルギーのフィリップ・ウィチュスとヴァレリー・ベルトー夫妻。黄金寺院で何世紀にも渡って続く「聖なるキッチン」のコンセプトに感銘をうけ、映画の制作を決意。訪れた人々があらゆる差別や偏見を気にせず、同じ鍋のごはんをいただく“大きな団らん”と、それを支える人々の無償の労働。その姿はファストフードやコンビニ弁当による「ひとりご飯」が当たり前となってしまった私たちに、「食」という人の営みの原点を思い出させてくれます。

インド黄金寺院に古くから伝わる食卓の風景に、心解きほぐされる極上のショ ートトリップ・ドキュメンタリー。これを見れば、今夜の食卓は少し違って見えてくるはず。

映画『聖者たちの食卓』は2014年9月27日(土)より、渋谷アップリンク、ほか全国順次公開。

映画『聖者たちの食卓』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=NAsa5gzQROM

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP