ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wi-Fiスピードをチェックできるアプリ「Open Signal」、スポット情報共有システムも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンやタブレット端末を使用する人にとって、出先あるいは旅先でのWi-Fiなど通信の確保は大事だ。

最近では公共Wi-Fiが増えてきていて、一体どのコネクションが太くスピードが速いか、迷う場面も少なくないだろう。そんな時に使えるのが、Wi-Fiのスピードをチェックでき、しかも近くのWi-Fiスポットを探せるアプリ「Open Signal」だ。

このアプリの特徴はWi-Fiの速度を単に測定するだけでなく、そうした情報をクラウドにアップすることで他のユーザーとデータを共有できる。このほどiOSアプリがアップデートされ、動作が一層素早くなった

どういうふうに使うかというと、例えばまったく土地勘のない場所でも、自身がいる場所の近くにWi-Fiスポットがあるかどうか、そうしたスポットの通信速度がどれくらいかを知りたい時に活躍する。

また、メーンのダッシュボードには、どこに行けばWi-Fiが利用できるか、どの方角に基地局があるのか、電波の強度などが表示される。また、今現在、いくつのネットワークが利用可能なのかもわかる。

メニューの1つ、「My Plan」ではデータの通信量や通話時間、メッセージ送信回数などの使用状況が把握でき、自身のデータプランに対してどのくらいの割合を占めているのかも把握できる。

定額プランを使用していてWi-Fiは自宅のものくらいしか利用しないという人はさておき、出先でWi-Fiを利用する人が多い人にとってあると便利なアプリかもしれない。

Open Signal

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP