体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南波志帆は”明晰夢プロ”だった!? 不思議乙女なクリエイターズユニット『xxx of WONDER』インタビュー [オタ女]

xxxofWONDER_01

浮遊感と透明感のあるマジックボイスでコアなファンを獲得している南波志帆や、ネットでの活動が話題となっている絵師・岸田メルなど、クリエイター5人が集まって誕生したユニット『xxx of WONDER』(オブ・ワンダー)。ファーストミニアルバム『WONDER of WONDER』が2014年6月18日に発売となり、各地でインストアイベントを敢行しているほか、渋谷2.5Dでのイベント『2.5D OF WONDER ~未知との遭遇~』が2014年8月7日に開催が予定されており、ジワジワとその不思議ワールドを拡大しています。

岸田メル作ビジュアルがマジ不思議乙女! クリエイターズユニット『xxx of WONDER』ミニアルバムの詳細判明 – オタ女
http://otajo.jp/39505 [リンク]

『オタ女』では、そんな『xxx of WONDER』参加クリエイターのインタビューに成功。南波・岸田に加えて、作詞担当のフレネシ、作曲担当のDr.Usui、フォトグラファーのJulie Wataiに、ミニアルバムやユニットの方向性を中心にお聞きしましたが、ナゾのキーワードがポンポン飛び交う展開に…。不思議乙女な世界の一端に触れることができました。

xxxofWONDER_02

ーー今回、『SHIBUYA GIRLS POP』(以下SGP)からオブワンダーというユニットが生まれたわけですが、まずはメンバーの皆さんが参加することになった経緯からお聞かせ頂ければと思います。

Dr.Usui:最初にユニットの話を頂いた時には、ぜひやってみたいな、と思いました。反面、音楽を作るといってもいろいろなスタンスがあるので、どうやればいいのか不安も若干ありましたね。

南波:私はずっとソロで活動しているのですけれど、実はユニットやグループに対するあこがれがあって…二つ返事で「ぜひやらせてください!」となりました。

フレネシ:私もソロがメインで自分でやることが当たり前になっていたので、今回歌詞を担当したのですけれど、一つに限られてその中で表現するということが「私でいいのか」と…。それと、共同作業が苦手なので、少し不安でしたね。

Julie:私はもともとSGPの渋谷パルコにあった店舗に写真集や美島豊明さんとのユニットmishmash*Julie WataiのCDを置いて頂いていたりお世話になっていて、何かがあれば絡んでいきたいなと思っていました。今回もワクワク感を持って参加しています。

メル:僕の場合は、SGPとは前々からTシャツを作りませんかという提案を頂いていて、しばらくして「CDのジャケットの絵を描いてくれませんか」という話を頂いたんですね。よく聞くと、ただ描くだけではなくて、参加クリエイターが前面に出るユニットにしたいということで、より興味が湧きましたね。

ーー5月にアルバムから「明晰夢マドンナ」が先行配信されました。Dr.Usuiさんの浮遊感のあるメロディラインとフレネシさんの不可思議な歌詞が合わさった曲になっています。

Dr.Usui:この曲は全部同時進行で進めていて、ある程度、どのような歌詞になっても対応出来る、という骨格にしておいたんです。そこから味つけが出来ればいいな、という感じで提案してブラッシュアップしていきました。

フレネシ:南波ちゃんが、夢日記を書いていたという話を聞いていて、私の中では南波ちゃんイコール夢という図式があったのですね。それで、いろいろ調べていくうちに、”明晰夢”というキーワードが出てきました。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。