ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無料で一気読み! 在宅オタVS現場オタ アイドルの裏側を描いたマンガがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「ミリオンドール」/(C)COMICSMART INC.
常に笑顔を絶やさずに夢や希望を与えてくれるアイドル。一時は“アイドル戦国時代”と呼ばれる程、数多くのアイドルが乱立してきたが、今なおその勢いはとどまらない。

メジャーシーンで華やかに活躍するアイドル、地元を拠点に活動する地域密着型の地方アイドル、小さな劇場やライブなどでコツコツと活動する地下アイドル。そして、彼女達を支える熱狂的なファンの存在。

最近、そんなアイドルたちが抱える事務所との確執リストラ、イベントの裏側、また、それを支えるファンのリアルな姿、いわばアイドル業界の裏側を描いた無料Webマンガ「ミリオンドール」が、アイドルファンのみならず、それ以外の層からもにわかに注目を集めている。

在宅ヲタ VS 現場ヲタ

「ミリオンドール」は、マンガ配信アプリ「GANMA!」で連載中のマンガ。2013年12月より連載がはじまり、現在25話まで更新されている。

ゆるキャラ好きで知られる、ソロアイドルの“ゆっふぃー”こと寺嶋由芙さんがTwitterなどで紹介したことで、多くのアイドルファンの目に止まり、徐々に口コミで幅広い層から注目を集めた。

ストーリーは以下のような内容になっている。

ひきこもりの在宅アイドルオタク「すう子」は、インターネットの力を使って福岡の地方アイドル「イトリオ」をトップアイドルへと導こうと奮闘する。しかし、アイドル現場のカリスマオタク「リュウサン」と将来を有望視される地下アイドル「マリ子」が立ちはだかる。2組の対決の行方は・・・?!

「ミリオンドール」のストーリー

本作では、ライブや握手会現場には足を運ばずに、自宅でDVD鑑賞やWeb配信などを楽しむ在宅ヲタと、現場に何度も足を運び、アイドルを応援するためにCDなどの関連グッズをたくさん購入する現場ヲタ、この2種類のファンにスポットを当てている。

知られざる現場ヲタや在宅ヲタの現状を描きながら、それぞれが応援する地方アイドルと地下アイドルのリアルな姿を描いている。

専門用語の解説や実在の楽曲

本作において特筆すべき点は、アイドルヲタク特有の専門用語の解説と、作中のアイドルが歌う楽曲が実在する楽曲ということだろう。

アイドルファンの間では、「ピンチケ」、「圧縮」、「DD」、「おまいつ」、「無銭」など、多数のヲタ用語が存在する。本作では、毎回エピソードの最後に、そんな多数の専門用語の解説を入れている。これにより、アイドルに詳しくない方も非常に読みやすい作品になっていると言えるだろう。

また、作中に登場するアイドルは、現実世界とリンクする作品の世界観を大切にするために、モーニング娘。の「大きい瞳」や、ノースリーブスの「Bye Bye Bye」、椎名へきるさんの「目を覚ませ、男なら」など、実在するアーティストの楽曲を歌唱している。

「ミリオンドール」は木曜日に更新。アプリをダウンロードすれば、誰でも無料で読むことができる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP