ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS、シネマスコープサイズの4.5インチディスプレイを搭載した「ASUS T001」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUSが中国移動向けにTD-LTEに対応した4.5インチスマートフォン「ASUS T001」を開発していることが工信部の認証情報より判明しました。ASUS T001は、GSM/TD-SCDMA/TD-LTEに対応したAndroidスマートフォン。認証情報に解像度は1,024×480ピクセルと記載されています。Acer Iconia Smartに続く画面比21:9のシネマスコープサイズのディスプレイを搭載していることになります。記載が間違っている可能性もありますが・・・。他のスペックについては、Android 4.4.2(KitKat)、1.3GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、512MB RAM、背面に500万画素カメラ、前面に30万画素カメラを搭載。筐体サイズは35×67×9.9mm、質量は140gとなっています。スペック的にはエントリーレベルといった感じです。Source : Tenaa


(juggly.cn)記事関連リンク
Evernote、Android版Skitchをv2.8にアップデート、トップ画面を刷新
メディアストリーミングアプリ「LocalCast」がv3.0にアップデート、アプリUIが“Material Design”方式に刷新、転送先にApple TVとDLNAレンダラーがサポートされる
Galaxy S 4 ZoomのAndroid 4.4.2アップデートがロシアで始まる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP