ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】データ分析であなた好みのコーヒーを見つけてくれる定期便サービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カッピングテーブル1今や日本人にとって、なくてはならない存在のコーヒーだが、どんなにカフェをハシゴしても、理想の味に出会える機会は、なかなかない。

香りも、銘柄も、実にさまざま。悩むことなく選びたい、とジレンマを感じている人も多いはず。

そんなユーザーニーズを満たす新サービスが、コーヒー定期お届けサービス「カッピングテーブル」である。

テクノロジーと専門家の経験を組み合わせ、あなた好みのコーヒーを提案してくれるという。

その仕組みは、どのようなものなのか?サービスの詳細について、カフェイネイト  広報・ブランディング部、桐生杏美氏にお話を伺った。

カフェネイト桐生さんQ1、「カッピングテーブル」の流れについて、具体的に教えてください。

カッピングテーブルは、

1.注文(クレジットカードでの定期決済)
2.コーヒー選定
3.お届け
4.アンケート回答
5.ユーザー趣向分析
6.コーヒー選定
7.お届け

というサイクルで提供されます。2~6が1サイクルで、月に一度、お客様のもとへ、コーヒーがお届けされます。上記のうち1、4のみがお客様に行っていただくアクションです。

お客様には、届いたコーヒーに対して、2~3問程度の簡単な質問に答えていただき、その回答結果から、それぞれの趣向を分析します。

大切にしているのは、弊社がミッションとして掲げる「コーヒーをもっとカンタンに!」の実現です。お客様には、できるかぎり、コーヒーについて悩むことなく、好みにピンポイントでマッチする商品を、お届けすることに注力しています。

Q2、本サービスとテクノロジーは、どのように関わっているのでしょうか?

先ほど述べたとおり、本サービスは、たくさんのお客様からの回答結果を統計処理し、分析することで、最適なコーヒーの選定を行うことを可能としています。

ビッグデータとまでは言いませんが、データ量がサービスの質につながるという意味では、共通しているかもしれません。

飲み物という感覚的なものに対する、データでのアプローチを、意味あるものにするためには、「専門家によるコーヒーの味の数値化」と、「データ分析による個々人の趣向にマッチしたコーヒーの選定」が高いレベルでできることが重要となります。

この点については、現在も陣容を拡大中で、より精度を高めていこうとしているところです。

Q3、こちらで言う「専門家」とは、どういう方なのでしょうか?

専門家の役割は主に、

1.良質なコーヒーの目利き・仕入れ
2.素材を活かした焙煎
3.コーヒーの味などの数値化

の3点です。これらを、弊社代表とパートナーとで、分担して行っております。

弊社代表は、2005年からシアトルにルーツを持つZOKAというカフェで、バリスタとしてのキャリアをスタートさせ、コーヒービジネスに携わってきました。

また、証券会社や、戦略コンサルティングファームでの経験も有しています。特に戦略コンサルティングファームでは、データ分析に関する新規事業開発などを経験しており、今回のカッピングテーブルにも、それが活かされております。

カッピングテーブル2Q3、今後の展開について、お聞かせください。

まずは、データを蓄積することで、提案精度を高めることを優先しますが、その後は、商品のバリエーションを増やす予定です。

現時点では詳細はお伝え出来ませんが、コンセプトである「コーヒーをもっとカンタンに!」の通り、ユーザーのコーヒー体験を、もっとカンタン、かつ素晴らしくするためのサービスを企画しています。

本サービスを利用すれば、テイスティングをくり返して、カフェをさまよう必要もなさそう。自分の好みにぴったり合ったコーヒーで、香り高いブレイクタイムを手に入れよう。

カッピングテーブル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。