体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【電子ゲームがあんのっ】第一回 レトロゲームアイドル杏野はるなです!

これが杏野はるなレトロゲームコレクションの全貌だ! といいたいのですが、これでもまだ一部なのだ。

みなさまこんにちは! 杏野はるなです。今回からガジェット通信さんで私の新連載「電子ゲームがあんのっ」という少々、いや圧倒的にベタなタイトルで開始させていただくことなりました。どうぞよろしくお願いいたします。

大好きなゲーム&ウォッチ等きれいにディスプレイ。ちなみに、ちゃんと紫外線防止フィルムをハンズで買ってきて貼ってあるのです。 いまや、入手困難の昔の攻略本。大事に読んでるんだよ

さてさて、まずは私自身の紹介をさせていただきます。現在22歳でタレント活動をさせていただいておりまして、レトロゲームが大好きでゲームを中心に布教活動?(将来の目標はゲーム博物館を作ることです。本気)をしております。ゲームアイドルということで、色々な訳され方をするのですが、「ゲードル」という少々新宿二丁目の雰囲気がしてしまう呼び方をされる事が多いです……。が、どうぞお気になさらずに。
 私はまだ22歳でもちろん当時のファミコン等の時代には生まれていなかったり、まだ幼くて当時はプレイしていないのですが、小学校のときにファミコンのマザーだけはプレイしています。ラストの敵に対して「歌う」ところをお父さんに騙されて「祈る」と言われ、テレビに向かって手をずっと合わせていたのを思い出します……。

こ、このゾーンは気にしないでください……。はるな男性より美少女に興味あるわぁ ナムコのバッジがお気に入り。いつも選んでカバンにつけております ドクターデンタル、ハンバーガーショップ他、実は名作が多いのだ

そして、『ニンテンドウ64』を小学校高学年の時に購入。そんなところから始まって、15歳のころから芸能界に入りました。最初は普通に写真集や、DVDを出していたりと王道パターンだったのですが、ブログでファミコンの記事等を書いたところ非常に皆様からご好評をいただき、「なるほど、こういったアプローチもあるのか?!」とレトロゲームを勉強し始めました。事務所の方にはレトロゲームの勉強は相当大変だよ、当時を生きていないとなかなか理解するのは難しいから。と言われたのですが、かえってそれに挑戦したくなり、まだまだ少なかった(はっ! 今は!?)ギャラを少しずつ費やしつつ昔の攻略本や、ゲーム&ウォッチ等を買い始め、それと比例するように知識も付いてきたのです。一番の転機になったのは、元任天堂の故・横井軍平さんの自伝を読んだときです。(ちなみに、横井さんは『ゲームボーイ』、『ラブテスター』、『バーチャルボーイ』……ほかのヒット玩具の開発者)その物を作る姿勢というのは芸能界にも当てはまると感じ、さらに深いレトロゲームの勉強に励むようになりました。よく、「事務所にそういうキャラで売ろうと言われたんでしょ?」と言われることもあるのですが、そのやり方を承認してくれた、という点においてはそうかもしれません。でも、これは自発的な行動なのです。ゲーム製作、とくに昔のゲームの裏側というのは本当に複雑な人間ドラマや涙ぐましい努力が絡んでおり、まるで作られたシナリオのように知れば知るほど魅力的です。もちろんそれはゲームだけでなくどんなものにも当てはまるとは思うのですが、はるなはレトロゲームという時代が変わってもなお人をひきつけるエンターテインメントに強く惹かれました。
と、自己紹介がすんごく長くなってしまったのですが、はるなは文章を書くのが大好きなのできっとこれからの連載も長文です。どうぞお付き合いいただける方だけでかまいませんのでお付き合いくださいませ。

最近御一緒させていただくことが多い高橋名人、そして田代まさしさん。 箱付きのパラシュート、ポパイ。他、ゴールドカートリッジのパンチアウト! バーミンは後半自分の脳から変な汁でるほど燃える。わかる人にはきっと伝わる?
1 2次のページ
杏野はるなの記事一覧をみる

記者:

ゲームアイドルです。レトロゲームが大好き! 映画もLDを集めています。最近ガンプラ制作にも夢中。 She is Japanese female talent. It is detailed in an old game. It http://www.eggcore.jp/

ウェブサイト: http://www.eggcore.jp/

TwitterID: annoharuna

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。