ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大手ギャルゲーブランドのアリスソフトが東京支社を閉鎖 エルフに続きアリスもやばい?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


大手ギャルゲーブランドであるアリスソフト(チャンピョンソフト)が東京支社を閉鎖することになった。アリスソフトは大阪府北区天満に本社を置き、今年の夏で東京支社を閉鎖するとブログで伝えた。そこにはこう書かれている。

東京支社を閉鎖します

当社は、大阪本社(ハニービル)の他に8年ほど前から
東京立川に開発兼営業事務所を設けておりましたが
この夏で閉鎖する事にしました。

理由は、まぁ・・いろいろあるのですが
当社の見込みの甘さと力不足です。

今後についてですが
東京立川のスタッフは大阪に合流してもらい
大阪に戦力を集中してゲーム開発を頑張って行きます。

アリスソフトはPC用ゲームだけでなく『ニンテンドー3DS』用タイトル『闘神都市』も発売(販売はイメージエポック)。PCギャルゲーメーカーではエルフと並ぶほどの大手メーカーであったが、最近はギャルゲーメーカーも衰退しており、つい先日エルフのスタッフが『シルキーズプラス』を設立した。これによりエルフのこの先が不安視されている。

「東のエルフ、西のALICESOFT」と言われたくらいの2強メーカーであった。古参ファンにとっては意地でも残って欲しい物である。

【ハニワ開発室】東京支社を閉鎖します
http://blog.alicesoft.com/archives/4118484.html

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。