ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、ブートローダーアンロックサービスをリニューアル、作業ステップなどを改良

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileは7月15日、同社の公式サイト内で提供しているブートローダーアンロックサービスを改良したと発表しました。ブートローダーアンロックサービスは、自分のXperiaを使ってカスタムカーネールやカスタムROMを開発・テストしたい人のために工場出荷状態ではロックされているブートローダーをアンロックできるようにするものです。何が変わったのかというと、アンロックに対応した機種をリストから選べるようになったこと(対応機種を確認できるようになった)、アンロックコードを払い出すまでのステップが変わったこと、説明が分かりやすくなったことです。解除するまでの流れは従来と同じです。対応機種が増えたわけでもありません。新しいブートローダーアンロックサービスでは、最初の画面で対応機種を選択するようになっています。この画面で自分のXperiaが対応しているのかを確認できます。その後、メールアドレスの確認が行わえれ、Sony Mobileより送信されるメールに記されたリンクをクリックするとアンロックコードの払い出し画面が表示されますアンロックコードはWEBページ上に表示されるようになっており、同じ画面には作業手順が記されているので、そのままアンロック作業を行えるというわけです。Source : Developer World Blog新ブートローダーアンロックサービス


(juggly.cn)記事関連リンク
オンラインレストラン予約サービス「OpenTable」のAndroidアプリがリニューアル!
韓国で始まったブロードバンドLTE-Aの実力、下り速度では約203Mbpsも出たらしい
LINE、スマートフォン向けアプリにPINコードによる追加の認証機能を7月17日より提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP