体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

業界初! 東芝から3D対応ブルーレイ再生機能を搭載したノートPC『dynabook TX/98MBL』発売へ

ガジェ通 デジタル・IT

dynabook TX/98MBL


東芝は、業界で初めてブルーレイ3Dタイトルを高画質で視聴できる再生機能を搭載した3D対応ノートPC『dynabook TX/98MBL』を、7月下旬より発売します。同製品は、ブルーレイ3Dタイトルと3Dゲームの両方に対応しています。

『dynabook TX/98MBL』は、3D機能『NVIDIA 3D Vision』に対応した120Hz倍速駆動方式の15.6型ワイドLED液晶ディスプレイと、ブルーレイ3Dタイトルも再生できるプレイヤーソフト『WinDVD BD for TOSHIBA』を搭載。同梱のワイヤレス3Dメガネを着用すると、今後登場するブルーレイ3Dタイトルを高画質で視聴できるほか、既存の3Dゲームも立体視ゲームとしてプレイできます。

『dynabook TX/98MBL』の3D表示は、3D対応の映画館などで多く利用されている“アクティブシャッター式”。倍速駆動方式の液晶画面が、左眼用/右眼用の映像を60コマ/秒ずつ、あわせて120コマを交互に高速で映し出すと同時に、ワイヤレス3Dメガネが各コマを同期し、左右交互に高速開閉することで立体視化します。

アクティブシャッター式は、液晶の走査線を左眼用と右眼用に半分ずつ使用し、偏光フィルタにより立体視化する“偏光式”と比べて映像品質を高画質にキープすることが可能。また、偏光式よりも広範囲の視野角で立体視効果が保たれた状態で、3D映像を楽しむことができます。さらに、グラフィックプロセッサー『NVDIA GeFOrce GTS 350M』と、グラフィック描画専用の1GBビデオRAMの搭載により、ゲームなどの3D映像を高速処理。高精細でなめらかな画質を実現しています。

スピーカーには、『harman/kardon ステレオスピーカー』に加え、通常のステレオサウンドを5.1chのサラウンド音響として再生する『ドルビーアドバンストオーディオ』を採用しており、映像だけでなく音質においてもより奥行と広がりのある立体的な音が楽しめます。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会