体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゾンビ感染が巻き起こす、滑稽かつ感動的なドラマ――映画『Z~ゼット~果てなき希望』相原コージ先生&鶴田法男監督インタビュー[ホラー通信]

相原コージ先生&鶴田法男監督インタビュー [ホラー通信]

ギャグ漫画界の重鎮・相原コージ先生が現在『別冊漫画ゴラク』で連載中の『Z~ゼット~』。原因不明のゾンビウイルス集団感染が巻き起こす、さまざまな泣き笑いのエピソードを描いていくオムニバス・コミックです。
この作品を、なんとJホラーの第一人者である鶴田法男監督が実写映画化。タイトルを『Z~ゼット~果てなき希望』とし、7月26日より公開が決定しています。

映画版は、原作に登場した薙刀を特技とするクールな少女・戸田を主人公に、原作で描かれた多様なエピソードを一本のストーリーにまとめ上げ、ゾンビ感染に翻弄される人々のドラマを描きます。

ギャグありエロあり、絶望あり希望あり、そして最後には“グッ!”と胸を打つこの作品について、原作者の相原コージさん、監督を務めた鶴田法男さんにお話をお伺いしてきました。

予告編とすべての画像が表示されない方はこちらの記事をご覧ください

相原コージ先生&鶴田法男監督インタビュー [ホラー通信]

316

(聞き手・レイナス)

――鶴田監督は数々のJホラーを手がけていますが、ゾンビ映画は初めてですよね?

鶴田: そうなんです。元々僕は、80年代にゾンビやスプラッター映画に若者が熱狂しているのを見て、「日本には“怪談”という素晴らしいホラーがあるのにどうして君たちそれを忘れちゃったの?」と思っていたことからJホラーを作るようになったんですね。なので、ゾンビもののお話は僕のポリシーとはあわなくて断っていたんですけど、『Z~ゼット~』に関しては原作を読んで「素晴らしい。やらざるをえないな」と思ったんですね(笑)。

――原作の惹かれた部分はどういうところですか?

鶴田: 一番惹かれたのは、今出てる一巻にはまだ収録されていないんですが、二巻に収録される、主人公の戸田が赤ん坊を抱いて「こんな地獄のような世界でも命が生まれてくるということが希望なのかもしれない」と言うセリフですね。これには胸を打たれましたね。

――そのセリフは映画のテーマにもなっていましたね。

鶴田: そうです。これは絶対映画で描かなければいけないなと。

――相原先生は実際に映画版を観ていかがでしたか?

相原: いま鶴田監督が言ってくださったシーン、元は僕の描いたものなんですが、映画で観て感動してしまいましたね。「いいシーンだなぁ、いいこと言うなぁ」と(笑)。
原作と違う点ですが、戸田がアイパッチつけてたりして、カッコよくなってましたねぇ。最初「アイパッチつける」って聞いたときに「どうなんだろう。今そんな奴いる(笑)?」と思ったんですけど。映像で観てみると「これくらい突き抜けててもよかったのかもしれないな」と思いましたね。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy