ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓流? クラッシック志向? 個性派お笑いコンビ“スクールゾーン”の単独ライブが決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


K-POPが好きすぎて韓国語ペラペラ、コリアンタウン新大久保でバイトまでしている橋本さんがボケ、音楽一家でバイオリン英才教育を受けた俵山さんがツッコミという個性派お笑いコンビ“スクールゾーン”

お笑いファンからの注目の高まりをうけ、来たる7月29日には初の単独ライブ『みちくさ』が開催される。

7月13日配信分の芸人動画ニュースサイト『デイリーよしもと』(http://daily.ynn.jp)ではそんな彼らのPR動画が公開されている。

スクールゾーン 初単独前に次回単独構想
https://www.youtube.com/watch?v=LepRNLOYI08#t=12

前途ある若き芸人にぜひぜひライブの成功を祈りたいものだが、筆者が独自に調べたところ彼らの夢は
「韓国で売れたい」(橋本さん)
「カーネギーホール(ニューヨークの名門ホール)でチャイコフスキーのバイオリン協奏曲でソリストを務めたい」(俵山さん)
だということ。

果たして彼らはどこに向かおうとしているのか?その答えはやはり7月29日の単独ライブにあるのかもしれない。

スクールゾーン単独ライブ『みちくさ』

【開催日】2014年7月29日
【開催時間】 14:00~15:00
【場所】 よしもと∞(むげんだい)ホール
【チケット】1500円
【チケットコード】Yコード:999-060 Pコード:597-712
【お問合せ先】03-5728-8880
東京都渋谷区宇田川町31-2

『デイリーよしもと・スクールゾーン 初単独前に次回単独構想』
http://daily.ynn.jp/detail.html?page=&p=9e74c61a63c8382af368dc1f7029d72b

※画像は『Twitter』から引用しました

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP