ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アプリ】美麗グラフィックなiOS脱出ゲーム『Hellraid: The Escape』 いつ死ぬかわからないドキドキ感がたまらない

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


数ある脱出ゲームの中でも今回紹介する『Hellraid: The Escape』はかなり高度なもの。アンリアルエンジンを使っており、全て3Dでレンダリングされている。メッセージは全てメニューだが、操作はシンプルなので英語がわからなくても問題なく進むことができるだろう。

主人公はとらわれの身となり殺害されてしまうのだが、棺桶の中から脱出。しかし脱出はそう簡単ではないのである。数々の罠や難問が立ちふさがっている。調べられる場所はキラキラ光っているので画面をくまなく調べよう。光る場所を見つけたらタップして調査開始。アイテムがあったりツボがあったりと様々である。ツボはタップで割ることが可能。割ると中からアイテムやクリスタルが出てくることがある。
クリスタルは必須アイテムでは無いが、1つのステージで全て集めると良いことがあるぞ。

この『Hellraid: The Escape』はステージ制になっており、扉を開けると次のステージへ行くことが出来る。死亡するとそのステージの最初からだが、一度解いた謎は解いた状態で進められる。そして自分の死体はその場に残っているという演出もあり。

この作品はスピンオフゲームとなっており、来年発売される本作『Hellraid』がXboxOne、PlayStation 4、PC用ゲームとして2015年発売予定。そちらのゲームは謎解きでは無く一人称ダンジョン探索ゲームとなっている。販売はポーランドのゲーム会社Techlandで開発はShortbreak Studios。Techlandは『デッドアイランド』の開発で有名になった会社である。
こちら『Hellraid: The Escape』は300円となっている。雰囲気を味わってもらうためにステージ1のプレイ動画を掲載したのでご覧頂きたい。

Hellraid: The Escape

YouTube:http://youtu.be/06K36PFCmdo

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP