ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

思い出を語る! ドット絵が得意な2Dグラフィックデザイナーの苦悩

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

game

ゲームボーイ後期、ゲームボーイアドバンス(GBA)が発売されたばかりの頃、2DグラフィックデザイナーAさんは地獄のような日々だったと語る。プレイステーション(PS1)が人気を博し、プレイステーション2(PS2)が絶大な支持を得つつある時期だ。

「私はリアル絵やドット絵などの2D専門なのですが、当時はとにかくポリゴンゲームという時代で、どんどん2Dグラフィックデザイナーの仕事が無くなっていったんです。3Dをいくら勉強しても、すでに3Dを得意とするグラフィックデザイナーには追いつかない。それが何を意味するかというと、リストラの対象になる事を意味します」

ゲームボーイアドバンスは2Dゲームが多かったが、世の中はどんどん3Dへと向かい、2Dしかできないグラフィックデザイナーが無用になっていったという。なぜなら、3Dデザイナーはちょっとしたドット絵なら描けてしまうから。2Dしかできないデザイナーはいらないのである。

「そんな感じでリストラされたんですが、それでも生きていかなくちゃならない。2Dグラフィックデザイナーでもいいよっていう会社はケータイゲームやケータイサイトくらいでした」

その後ニンテンドーDSが発売され、どんどん3Dが重要視されていったが、ケータイ業界が2Dメインだったため、熟練の2Dグラフィックデザイナーが重宝されるようになっていったという。

「絵がうまいグラフィックデザイナーは多いのですが、ドット絵をうまく描けない人が多いですね。どう描けばリアルに見えるか、タブレットで描いたりスキャンするだけでゲームに取り込めちゃうからわかんないんですよね」

最近はスマホも3Dゲームが増えてきた。2Dの絵を生かしつつ3Dで動かすゲームが多いので、2Dと3Dのバランスが良い時代と言えるのかも知れない……。ちなみにAさんは現在もゲーム業界にいて、2Dグラフィックデザイナーとしてドット絵を描いているという(スキャン用の絵も描いてるとの事)。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。