ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、プロジェクター・モバイルWi-Fiルーター・モバイルバッテリーを1台に備えたAndroid端末「LivePro」をSprintに投入、7月11日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年1月のCES 2014イベントでZTEより発表されたAndroidベースのプロジェクター&モバイルWi-Fiルーターが米Sprintより「Sprint LivePro」という名前で発売されることが発表されました。発売日は7月11日(現地時間)。価格は$34.99~$79,99/月(データプランとセット)。LiveProは、発表当時は「ZTE Projector Hotspot」という名前で紹介されていました。メイン機能はモバイルWi-Fiルーター機能、プロジェクター機能、4インチの小型Android端末です。モバイルWi-Fiルーター機能では、Sprintの3G/LTEを利用して最大8台のWi-Fi機器にインターネットアクセスを提供します。3バンドLTEの「Sprint Spark」にも対応しています。プロジェクター機能では、最大輝度100ルーメンのDLPピコプロジェクターが搭載されており、LiveProに保存したメディアや別の端末の画面をプロジェクターを通じて投映することができます。Android端末としては、Android 4.2を搭載しており、4インチWVGAの液晶ディスプレイで設定や投影操作などを行えます。アプリの操作にも対応しているので、一般的なスマートフォンのようなこともできそうです。また、Google Playストアに対応しています。LiveProにはHDMI入力端子やワイヤレスディスプレイ受信機能も搭載されており、HDMIケーブル接続のPCの画面やワイヤレスディスプレイのスマートフォンやタブレットの画面を投映することもできます。このほか、5,000mAhの内蔵バッテリーを使って他の機器のバッテリーを充電するモバイルバッテリーとしても機能します。Source : Sprint


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、特許侵害でドイツでのスマートフォンの販売差し止め判決を受ける
Snapdragon S4 PlayをAndorid 4.3やAndorid 4.4.xに対応させるようQualcommに求める署名キャンペーンがChange.orgで開始
Android “L”を搭載した謎のMotorolaスマートフォンが流出、Moto X+1か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP