ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

これはもう虫そのもの! 予測不能なナゾの生命体『HEX BUG nano』が日本上陸

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
タカラトミーアーツの『HEX BUG nano』発表会

タカラトミーアーツは、米Innovation First International社が昨年10月に発売し、全世界で1000万個を売り上げた大ヒット商品『HEX BUG nano』を7月17日に発売します。『HEX BUG nano』は、携帯電話のバイブ機能と同様に本体が振動することで、本体に取り付けられた12本の足により前後左右、不規則に走行する“メカ生命体”。同社は東京・羽田空港で発表イベントを開催、ゲストのお笑い芸人NON STYLEとともに、製品をお披露目しました。

※すべての写真を表示するにはこちらをご覧ください

虫のような外観 本体裏側

本体のサイズは全高43mm。外観は昆虫そのものです。虫で言うところの腹の部分にボタン電池、頭の部分に超小型モーターを搭載。モーターは携帯電話と同様、半円状の分銅が回転することで振動を生み出します。腹のスイッチをONにするとラバー製の足に振動が伝わり、予測できない方向へ走り出す仕組み。微生物のせん毛運動と同じ原理となっています。

高速で走り出す

走り出すとどこへ行くのか分からないため、広い場所や囲いを作った場所で走らせるとよいでしょう。ぶつかってひっくり返ることもありますが、自分で起き上がってまた走り出します。

迷路を使ったディスプレーも

普通に走らせて楽しんだり、迷路を作って脱出する時間を競うなど、工夫次第でいろいろな遊びができそうです。

床にぶちまけるNON STYLE あっという間に散らばる

イベントではタカラトミーアーツ代表取締役社長の佐藤慶太氏があいさつ。「200万個を3月までに販売したい」と、同製品のヒットに自信を見せました。続いてNON STYLEの2人が「nano」をもじった“nano style”として、全身タイツに同製品をかたどったコスチュームを身に付けて登場。『HEX BUG nano』で日本を侵略するとして、1000匹を床にぶちまけるパフォーマンスを実演しました。

1000匹いると大迫力

1000匹も集まると迫力満点。B級ホラー気分が味わえます。白いタイツの石田氏は、同製品の前身である『HEX BUG』も持っているほどのおもちゃ通。『HEX BUG nano』については「前の製品は壁を認識して方向を変えるものだったのですが、これは無関係。自由奔放さが最高ですね」とコメント。黒いタイツの井上氏が「自分で遊び方を考えて、“NONSTYLE”で楽しんでいただけたら」と、きれいにまとめたところでイベントは終了となりました。

撤収も一大事

1000匹もあると、撤収も一大事。スタッフ総動員のうえ、NON STYLEの2人も手伝って片付ける姿が見られました。

試験管のようなパッケージ

『HEX BUG nano』は、ブラック(type A・B・C)、ブルー、レッドの全5種類で、価格はそれぞれ924円(税込み)です。7月17日の発売に先駆けて、今日から6月6日まで羽田空港内のキャラクターワールドで、6月5日と6日には都内のキディランド原宿店や東急ハンズなどで『HEX BUG nano ブラック type C』を先行販売します。詳しくはタカラトミーアーツのウェブサイトを確認してみてください。

NONSTYLEの2人とタカラトミーアーツ代表取締役社長・佐藤慶太氏

■関連記事
リアルすぎる昆虫グミが衝撃的!男の子向けクッキングトイが登場
周囲を汚さずにゴキブリを瞬殺する方法
仮面ライダーやミッキーで虫よけ!『虫よけキャラシール』

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。