ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“運がいい人”が大切にしている習慣2つ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 運がいいのか、悪いのか。運なのだから自分ではどうにもならないし、運に身をまかせるしかない。とはいえ、運を味方につけるという言い方もあるように、運を自分でたぐり寄せる方法があるという。

 強運の持ち主は、決まって小さなことを大切にしている。
 日常で起こる、とても小さなことこそが「運」を動かしているとしていると説いているのが、『強運が舞い込むとても小さな50のこと。』(山崎拓巳/著、SBクリエイティブ/刊)だ。本書では、運をもたらす元になる日常生活でできる、できるだけ小さな習慣や小さな秘訣を紹介している。

■パワースポット的な存在を見つけよう
 努力していても、運が向いてこないときはある。人生には、自分ではどうしようもないことというのは起こるものだ。そんなときには「意味づけ」を変えることで、皆を前に向かせたり、元気にさせてくれたりする人がいる。
 「これはもしかしたら、こうしてみたら?」
 その人がちょっと話してくれるだけで、何だか救われたような気持ちになる。パッと視界を開かせてくれるパワースポットとしての存在の人だ。自分が努力しているのに運が向いてこなかったり、大変なことが続いて心が折れそうになっていたりしているときは、そういうパワースポット的な存在の人と話してみるといい。
 パワースポットのような人をまわりで発見するキーワードは「ありがとう」という言葉。感情がいろいろなものごとのはじまりだとしたら、「ありがとう」という言葉は、全てのものを一発で良いものに変えてしまうキーワードでもあるからなのだ。

■うまくいっている人間関係をもっとレベルアップしよう
 人間関係の運を上げようと思ったら、まず「今、うまくいっている人間関係を大切にする」ということから始めるべきだという。難易度の高い問題をクリアしないとレベルアップできない、欠点を解決しなければ成長できないと考えがちだが、人間関係でそれをやってしまうのは間違い。
 すでに成功している人間関係をより良くすることが、人運をアップさせるコツなのだ。
 直感で「この人、合わない」というような相性の悪い人はいるものだ。そういう相手には自分から距離を保つことが重要。しかし、人の奥底には不思議な世界があり、自分と合わない相手、イラッとさせられる相手ほど興味を持ちやすいことを忘れないようにしておかなければいけないという。

 人間関係でも日常生活でも、ささいなことを見落とさずに大切にすること。そんな小さなことの積み重ねが強運をもたらしてくれるということなのだろう。
(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
仕事がデキる人ほど“ダラダラしている”って本当?
好かれる人に共通する二つの要因
男が「手放したくない」女性 3つの特徴

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP