ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【台北 最新レポ】 ファミマ、丸亀製麺・・・台北での「日本」進出度がスゴすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近ごろは海外に行っても主要都市なら「ユニクロ」はあるし、アジアなら「ファミリーマート」などのコンビニエンスストアが多いので、旅行の忘れ物を現地調達するのにあまり困らなくなりました。
そんな各国を訪ねている中で、台北での「日本」の進出度が他国をはるかに超えるほどスゴい状況を目の当たりにしました。
たとえば、台鉄台北駅の駅構内にあるショッピングモールには、東急ハンズや無印良品が入店し、飲食店では博多一風堂、長崎ちゃんぽんリンガーハット、ミスタードーナツなどが並んでいます。また“台湾じゅうのお土産を選りすぐって集めた”というお土産コーナーには、源吉兆庵やビアートパパのシュークリームなどを見かけました。他のフードコートでは、讃岐うどんの丸亀生麺、お好み焼きの大阪ぼてじゅうなども。
百貨店では、新光三越、統一百貨阪急、太平洋SOGOとあり、地下のフードコートやスーパーマーケットでは日本の食材が簡単に手に入ります。日本人ならではの食材、納豆も冷凍ながらショーケースに山積みになっていました。
コンビニにいたっては、セブンイレブンかファミリーマートが大半を占めています。日本のグリコや日清などのお菓子やカップめん、ペットボトルなども売られているので、本当に困りません。その中で「杏仁豆腐」など日本では見かけない台湾独自の商品もあるので、これはこれでバラマキ土産にもピッタリ。
台湾は日本人好みの味付けで現地グルメもおいしく、わざわざ日本食のお世話になることはないかもしれませんが、いざ日本食が恋しくなった時や体調を崩して日本食を食べたくなったら、ほぼまったく困らないでしょう。

(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【台北 最新レポ】 台湾のスタバに「中国茶」メニューがある!
【NY最新レポ】 アメリカと日本の「スタバ」こんなに違う!
【台北 最新レポ】台北に1600匹の紙パンダが出現!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP