体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android WearのウォッチフェイスをSmartWatch 2で再現! SmartWatch 2用の無料アプリ3種類がリリース

Sony Mobileのスマートウォッチ「SmartWatch 2 SW2」でAndroid Wearの時計画面を再現できるSmartWatch 2用プラグイン3種類がGoogle Playストアにリリースされました。いずれも無料なので試しやすいと思います。これらはAndroid Wearに含まれているウォッチフェイスデザインをモチーフにして作成されたウォッチフェイスです。単体のアプリではなく、ウィジェットとして配布されているので、SmartWatch 2がスリープ状態でも、常時このデザインの時計が表示されます。設定方法はアプリをGoogle Playストアからインストールし、SmartWatch 2管理アプリのウォッチフェイスエディタの「時計」でこれらのアプリで提供されるウォッチフェイスを指定するだけです。「Moto Blue Watchface for SW2」、「moto Sony watchface for SW2」、「Clean Clock Sony SmartWatch 2」(Google Playストア)Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomi、7月8日にインドでスマートフォンを発表へ
Android “L”はUSB Audioをネイティブでサポートする見込み
ベセトジャパン、Androidにも対応した車載用Wi-Fiミリ―リング端末の新モデル「Kivic-ONE 2in1」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。