ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やる気がないわけではありません【この日のガケ書房】(7月4日)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガケ書房では、その日初めて入荷した雑誌などに、こんな札をつけています。本日発売の「本日発」ではなく、本日初入荷の「本日初」です。

これは、人によって1冊の本と出会うタイミングがそれぞれ違うように、本屋によって1冊の本の入荷する日がまちまちなので、「ガケ書房には今日初めて並びましたよ」「今日ガケ書房でこの本と出逢った人は、今日が発売日ということですよ」という提案です。
本の発売日を調べている人なんて、いまとなってはあんまりいないのでこの感じでいいと思ってます。

少し前に、POPの新しいつけ方を探るという記事を書きましたが、ほんの少しだけ進みましたので、ご報告。できるだけ(手間を抜く・お金かけず・量産型・タフさ・存在感)ということで思案しております。まずひとつ。
半円を本の上部や帯にかける。(※POPと内容、全然関係なし)
かわいげですが、安定感にかけます。ベロ出してるみたいですね。存在感があるようなないような。

次、
お札型。結構、気に入ってます。名づけて「控えめPOP」。下がペラペラするのをどうやって固定するか? ひっつき虫かな? ほどよい存在感あり。筆ペンありきの芸風ですが。

これの他パターン
なぞかけ風。

対話風。

イメージとしては、駅のキオスクなんかでぶらさがってる文藝春秋の朱色の筆文字POPのような感じです。「あ~あ、あれね」という声、今、聞こえました。皆の記憶のいちばん端にあるような存在。

決まっているのは、本にかける・はさむということ。紙は、ガケ書房に皆さんが持ってきてくださる無数のフライヤーの裏紙(もちろん会期の終わったもの)なんか使っても面白いかもと思ったり。色もついてるし、いい紙を使ってたりするし、情報が少し裏に残っていても面白い。

しかし、これは誰でも気軽にできる感じではない。独自の字面が味になっているところもあるし、その形や大きさは、本によって臨機応変に切って作ろうと思っているが、やや手間がかかるのでフォロワー(これを真似する人)は皆無だろう。面陳列のみに対応できるPOPだし。なにより安定感が。。

もすこし精進します!

次回からは、ガケ書房の本棚を毎回クローズアップしてその並びや売れる推移を探ります。

ガケ書房店主 山下賢二の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP