体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目指せ!狩りガール no.12 先輩狩りガールの持ち物拝見!(目指せ!狩りガール)

目指せ!狩りガール no.12 先輩狩りガールの持ち物拝見!(目指せ!狩りガール)

今回は一般社団法人 大日本猟友会さんのサイト『目指せ!狩りガール』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://otajo.jp/40101をごらんください。

目指せ!狩りガール no.12 先輩狩りガールの持ち物拝見!(目指せ!狩りガール)

ありちゃん:食べることが大好き、アウトドアもちょっと好きな会社員。ひょんなきっかけから「ハンター」を目指すことに。東京都内在住。

カリタロー:狩りガール活動を応援するジビエ好きの犬。ありちゃんと一緒に勉強して、いつかカッコイイ猟犬になるのが夢。

だいぞう師匠:猟友会に所属している優しきオジサマハンター。自然のことにも詳しく、ハンター仲間として若者を育てています。

リサちゃん:社会人一年目の若手ハンター。学生時代は若者が主体となった狩猟サークルの代表も務めていました。狩猟への興味が尽きず、バッグの中に「相克の森(熊谷達也著)」や「ぼくは猟師になった(千松信也著)」などの狩猟関連本が入っていることもあるそう。「地方の出版社からもたくさん出版されているので、狩猟の本は見かけると集めてしまいますね~。ありちゃんもぜひ読んでみて!」

目指せ!狩りガール no.12 先輩狩りガールの持ち物拝見!(目指せ!狩りガール)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://otajo.jp/files/2014/06/vol12_ttl.jpg

ありちゃん:ありです。狩りガールを目指して奮闘中ですが、実際に狩猟デビューすることを考えると細かいことが気になってきます。そのひとつが「持ち物」。猟銃や装弾はもちろんだけど、他にどんな物が必要なんだろう?今回は、そんな疑問を先輩狩りガールさんに聞いてみました。女性ならではの視点と経験から持って行く物ってなあに?

まずは基本の装備を教えて!

ありちゃん:今日は都内にお住まいの先輩狩りガールに会いに来ました!

カリタロー:ありちゃん、どんどん狩りガールの知り合いが増えているワン。

リサちゃん:こんにちは!ありちゃん、カリタローくん。

ありちゃん:よろしくお願いします!リサちゃんは大学生の頃から都内の狩猟サークルに入っているんですね。そんな集まりがあることも知りませんでした!

リサちゃん:若者中心のサークルだったので気軽に入ったんですが(笑)、活動は本格的で、今では狩猟の奥深さに魅力を感じていますよ。

カリタロー:大学を卒業しても狩りを続けているワン?

リサちゃん:うん!ハンターになって3年目。一般企業で働きながら猟友会にも入って活動しているよ。

ありちゃん:私もいずれはOLしながら狩猟の予定。いろいろ参考にさせてくださいね!まずは、狩りをするときの基本的な装備ってなんでしょう?

リサちゃん:安全のために、できるだけ目立つ色のアウターを着ます。その上にはオレンジ色の猟友会ベストを重ねて。ベストにはその年に狩猟者登録をした地域のマーク入りバッジ(狩猟者記章)を付けますよ。

カリタロー:あれ?だいぞう師匠の持っているバッジと違う?

リサちゃん:地域によってデザインが違うんだよ。私は北海道で狩猟デビューしたから、最初の年は北海道のマークのバッジを付けていました。この他に「銃の所持許可証と狩猟登録証」*1は必ず身に着けて。あとは猟友会の帽子もかぶります。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy