ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

参加者はBL理解度を申告! オタクのための街コンが池袋に上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「第1回 アニ街コンin池袋」 画像は公式Webサイトのスクリーンショット
アニメやマンガ、ゲームファンの出会いのための街コンイベント「第1回 アニ街コンin池袋」が、8月31日(日)にアニメの聖地・池袋エリアで開催されることがわかった。

池袋は過去の「アニ街コン」の参加者によるアンケートで女性から圧倒的な支持を集めたエリア。池袋と言えば、BL(ボーイズラブ)商品の品揃えが充実したショップが多く、“腐女子の聖地”としても知られている。

そんな池袋ならではの試みとして、参加前にBLへの理解度を4段階の自己評価で記入する制度が導入されている。

しかし参加申し込みは現在一時休止中。追加会場を探し、参加枠を増やせるように進めているとのことだ。最新情報は公式Webサイトか、Twitter公式アカウントにて告知される。

男女比は1対1

「アニ街コン」は、“趣味を隠さずに付き合える人と出会いたい… 趣味の合う彼氏/彼女が欲しい…”という思いに応えて誕生したイベント。

街コンといえば、主に地域復興を目的に、グループで異性と飲食を通して親交を深めていくものが多いが、「アニ街コン」はオタクに特化したイベントとして、5月に秋葉原で開催された際は、206人もの参加者が集まったという。

「アニ街コン」では、5つの安心として、男女比は1対1席替えタイム完全着席1人参加大歓迎、無開催時の返金保証を掲げている。

特に男女比に関しては徹底的にこだわっているようで、直前のキャンセル等で若干の差異がでることはあるが、前述の秋葉原での開催時は、男性104人に対して、女性102人で実施された。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP