ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android “L”では着信が鳴っている間でもアプリの操作が可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidの新バージョン「Android “L”」では、携帯電話の基本中の基本といえる通話機能で着信の表示方法が変更され、前よりもスマートフォンの利便性が良くなりました。それは着信をポップアップで知らせるようになったことです。従来は、着信が鳴ると電話アプリの着信画面がディスプレイ全体に表示されていましたが、Android Lでは、Head Up方式の通知と同じように画面の上側にだけ表示されるようになりました。アプリを使っている間でも操作を中断しなくて済むので、編集中のメッセージを保存してから応答したりと、落ち着いて着信に応答できるようになると思います。通知のボタン以外の場所をタップするといつものように電話アプリが表示され、応答または拒否、SMSの送信などを行なうことができます。Android Lではロック画面上に通知が表示されるので、不在着信の確認や処理もしやすくなっています。


(juggly.cn)記事関連リンク
ビッグローブ、音声通話も可能なSIMカード「音声通話SIM」を明日7月1日より提供
楽天がスマートフォン向け新サービス「ROOM」を発表、楽天市場の商品を収集して他の方に紹介できる楽天アフィリエイト対応のキュレーションサービス
LGは「LG Vu」を「LG G Stylus」に刷新する計画?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP