ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「忌野清志郎初号機」青山で展示中―たまらんニュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「忌野清志郎初号機」青山で展示中―たまらんニュース

忌野清志郎が東京から鹿児島までを走破した2001年の「ツール・ド・鹿児島」で使用した自転車「ピンキー号」が東京・南青山のライフクリエーションスペース『OVE』に展示されている。

当時のメイン・バンド、ラフィータフィーのメンバー藤井裕、武田真治、宮川剛とデザイナーの小嶋謙介(ex Fishmans)と共に自転車チーム「LSD」(ロング・スロー・ディスタンス)として2001年9月15日(土)に日本橋を出発した忌野清志郎は9月24日(水)、見事に鹿児島県の妙見温泉雅叙園に到着。走行距離約1500kmを10日間で走破した。出発前の8月25日に日比谷野音でおこなわれた壮行ライヴ・イベント〈LSD CARNIVAL ~Von Voyage a Kagoshima~〉にはラフィータフィーのほか、Hi-5、GO!GO!7188、斉藤和義が出演、清志郎が自転車に跨ってフライングVを弾くシーンも見られるなど、盛り上がっていたことも思い出される。

その際に使用した“初号機”ともいえる自転車「ピンキー号」が6月末まで、東京・南青山の『OVE』に展示されている。自転車部品会社シマノのアンテナショップである同店は、オーガニック食材を使ったフードやドリンクも評判のカフェ兼雑貨店。のんびりお茶を楽しみながら、忌野清志郎に想いを馳せてみよう。お店は外苑前駅徒歩5分。(岡本貴之)

・OVEオフィシャルウェブサイト
http://www.ove-web.com/top.html
・地味変(忌野清志郎オフィシャル・ウェブサイト)
http://www.kiyoshiro.co.jp/lsd/history-2001.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。