ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分で管理しながらクラウドのように使えるストレージ「Sherlybox」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エドワード・スノーデン元CIA職員の暴露で明らかになった米国家安全保障局(NSA)による盗聴。この問題以降、クラウドや通信に不信の目を向ける人が増えた。

そして今、注目されているのが、ユーザー自身で管理できるストレージだ。このほど登場した「Sherlybox」もそうした“プライベートクラウド”を作り出すためのものだ。

米国企業Sher.ly Incが開発を手掛けた。Sherlyboxは直径11.6センチ、高さ15センチの円筒状で、Wi-Fiなどで個人のネットワークに接続させて使う。NAS(ネットワーク接続ストレージ)に近いが、NASのような面倒な設定は不要で、本体にあるボタンを3回押すだけでいい。

このSherlyboxの便利なところは、ファイルなどを共有する場合、DropboxやGoogle Driveと違ってクラウドにアップロードしなくても瞬間的にアクセスが可能になること。

もちろん、搭載のハードディスクにファイルをアップロード/ダウンロードすることも可能で、ハードディスク容量は1TBとなっている。

現在、資金調達サイトKickstarterでキャンペーン(7月4日まで)を展開していて、今なら199ドル(米国外への送料はプラス16ドル)で入手できる。

Sherlybox/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP