ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤフオクに出品された『パズドラ』即決80万円のアカウント! 入札0で落札されず

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ネットオークションのヤフオクに出品されていた、スマホゲーム『パズドラ』のアカウントが、誰にも入札されなかった事が分かった。即決価格は80万円だったが、競り合う事なく終了してしまった。

このアカウントは『パズドラ』をかなりやり込んでおり、今までの課金額は250~300万円と商品説明に書かれていた。インターネット掲示板でも話題になったが、どうして入札すらされなかったのだろうか?

それには理由があると思われる。そもそもの話、アカウントの売買は規約によって禁止されている。いくら大金をつぎ込んで価値のあるアカウントだったとしても、それを他人に売ったりあげたり出来ないのである。

ヤフオクに出品する事もルール違反になるので、場合によってはアカウントを停止されたり、消去される可能性もある。ヤフオクに出品したり落札する行為は、かなりリスクが高い事なのだ。

『パズドラ』をやり込んでいる人ほど、そのタブーな行為の危険性を知っているはず。これは『パズドラ』に限らず、どのオンラインゲームにも言える事。無事に落札できたとしても、その後にアカウントを消されてしまった前例もある。

しかし、現在も多数の出品者からヤフオクに『パズドラ』のアカウントが出品されている。現在のところ、即決価格の最高額は40万円のようだ。数万円のアカウントも出品されているが、それでも入札されている数は少ない。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP