ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スイカパワーで完走を目指す!! 恒例の「富里スイカロードレース」が今年も開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

給水所ならぬ「給スイカ所」でスイカを頬張りながら完走を目指す名物マラソン大会「富里スイカロードレース」が6/22(日)に開催されました。同大会を主催するのは、スイカの名産地として知られる千葉県富里市。地元の特産品であるスイカの美味しさを一人でも多くの人に伝え、よりスイカに親しんで欲しいとの想いからスタートした同大会も今年で31回目を迎えました。スイカを食べながら走る、というユニークな企画がヒットし、毎年多数の応募が殺到する名物ロードレースとしてランナーの間ではすっかり定着しています。
■コースの途中に設置されるのは「給スイカ所」富里スイカロードレースの代名詞といえば、ランニングコースの途中に設置された「給スイカ所」。ランナーはコースの途中でスイカを食べることで、水分と糖分の補給をしながら楽しく走ることができます。このユニークな企画が話題となって人口約50,000人の富里市に13,000人のランナーが集結する一大イベントへと育ちました。コスチュームや仮装に身包んで走る参加者も多く、走る人も応援する人も、スイカを頬張りながら共に楽しめるファンランといえます。
 ■ランニングにスイカが“効く”科学的な根拠も甘くてみずみずしいスイカは、ランニング途中の水分や糖分の補給にうってつけ。しかし、実はスイカにはそれだけではない運動時のパフォーマンスアップに繋がる“秘められたパワー”が存在したのです。それが、スイカに多く含まれるアミノ酸の一種「シトルリン」です。「シトルリン」は、スイカから発見された成分で、ウリ科の植物に多く含まれます。富里スイカロードレースにも協賛している「シトルリン研究会」によれば、「シトルリン」を摂取すると血管が拡張して血流が促進され、エネルギーや酸素を効率的に体内に運ぶことができるようになります。その結果として、筋肉痛や心拍数増加に対する回復機能が確認されており、運動時の持久力向上に効果が期待されるそうです。スイカを食べてランニングすることは、とても理にかなっていたのですね。
■日々の運動にも気軽に取り入れられるシトルリンパワー「シトルリン」はスイカを食べて摂取できるだけでなく、最近では、同成分を含んだサプリメントやスポーツドリンクも登場しています。こうしたものを活用して運動前に「シトルリン」を適度に補うことで、スポーツやトレーニングの効率アップも狙えそうですね。みなさんも日々のスポーツやトレーニングに「シトルリン」を取り入れて、来年のスイカロードレースにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【大阪珍スポット】通天閣のお膝元・新世界市場のポスターが「粋」すぎる
京都・伏見桃山城 「城内立入禁止」だけど市民のシンボルに定着した理由
大阪国際空港のキャラクター「そらやん」がネットで話題!&お披露目会レポ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP