ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android “L”リリースに「キルスイッチ」の導入を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google  I/O 2014カンファレンスでGoogleがAndroidの次期メージャーアップデート版「Android “L”リリース」に、盗難や紛失時に端末の不正利用や個人情報の流出を防ぐ「キルスイッチ」機能と「ユニバーサルプライバシーコントロール」機能を導入することを発表しました。「キルスイッチ」は所有者が盗んだ・拾ったAndroidを初期化して自分のものにしてしまうことを防止するリモート管理機能です。「ユニバーサルプライバシーコントロール」の内容はわかっていませんが、ユーザーがリモートから個人情報へのアクセスを管理できる機能みたいです。仕組みや具体的な機能・アプリのことは説明されていませんでした。ステージ上で説明を行っていたSundar Pichai氏は、セキュリティ面について、実際には半分以下のユーザーがこれまでにAndroidでマルウェア問題に遭遇したことがないという統計情報や、6週間ペースでアップデートされているGoogle Play開発者サービスの最新版が93%のAndroidデバイスで利用されていることも紹介しました。



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、既存モデルのAndroid 4.4(KitKat)アップデートはXperia Z/Z1やGalaxy S 4など9機種のみ実施
Google Play開発者サービスがv5.0にアップデート、Android WearやGoogle Playゲームの新機能などをサポート
Android版Google検索アプリがv3.5.14にアップデート、“OK,Google“の対応言語が拡大されるも、日本語は未だ非対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP