ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、次期Androidにキルスイッチ機能「Factory Reset Protection Solution」を実装へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleとMicrosoftがそれぞれのモバイルOSの次期バージョンに、盗難・紛失対策機能「キルスイッチ」を導入することが判明しました。米国ニューヨーク州の司法長官は19日(現地時間)、GoogleとMicrosoftが同社の次期モバイルOSに「キルスイッチ」と呼ばれるリモート制御機能などを組み込むことに合意したと発表しました。Microsoftについては、同社の公式サイトを通じて、次期Widows Phoneに現在のFind My Phone機能を拡張する形で、4月に発表されたCTIAの「Smartphone Anti-Theft Voluntary Commitment」の要件となる機能を実装する計画を発表し、Googleについても次期Androidに「Factory Reset Protection Solution」と呼ばれるキルスイッチ機能を実装し、所有者ではない人物による端末の初期化を防止しようとしています。今回のキルスイッチ機能の実装については、iPhone 5sの「Activation Lock」機能によって、盗難件数が減少したという報告書に基づき、他社にも拡大されることになりました。米国ではメジャーなAndroidとWindows Phoneに実装を拡大されることで、米国におけるスマートフォンの盗難はさらに減少するものと予想されます。Source : CrainsNewsMicrosoftBloomberg



(juggly.cn)記事関連リンク
セガ、ソニックの誕生日を記念して「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズのAndroidゲームの100円セールを実施、6月23日まで
Amazon.co.jp、Kindle Fire HDX 7インチモデルの3,000円OFFセールを6月21日まで実施、価格は16,800円~
Galaxy Note 4の「SM-N910S」はSnapdragon 805、「SM-N910C」はExynos 5433を搭載、両端末のベンチマークスコアも判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP