体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

今回はやっぱりぱんつさんのブログ『やっぱんつ.com』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/602814をごらんください。

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

突然だが、わたしの夫は東横インが大好きだ。

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

<東横イン>
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/06/113.jpg

どれくらい好きなのかというと、まず東横インクラブカードの会員だし、東横インに泊まるたびにおしっこちびりそうなくらい興奮してるし、部屋に置いてある東横インの雑誌「たのやく」を必ず持って帰ってくるし、東横インのグッズが欲しいがゆえにヤフオクで「東横イン」とキーワード登録しているくらい。

…異常だ。

ではなぜ東横インが好きなのか?その理由を書くと、それだけでブログが終わりそうなくらい長くなるので省略するが、むかし彼は東横インに泊まったとき、こんなことをつぶやいてた。

「いつかボクが巨万の富を手に入れたら、自分専用の東横インをつくるんだ」

そのときは、ああそうですか。と流してしまったが、しかし昨年、まだ結婚しておらず付き合っていた頃のこと。

彼の記念すべき40歳の誕生日になにかしなくては、と考えていたところ、わたしはその「自分専用の東横イン」という言葉を思い出したのだ。

そして思いついた。

よし。彼専用の東横インをプレゼントしよう、と。

~これはわたしが東横インをプレゼントしたことによって結婚するに至る、
新手かつ荒手のサクセス・ストーリーである。~

■東横インをプレゼントするには

これほどまでに東横インと書いたあとに聞くのもなんだが、みなさんは東横インというビジネスホテルをご存じだろうか?

東横インは、都内の主要駅各所、また地方では複線が通るターミナル駅などの周辺でよく見かける、格安のビジネスホテルだ。

場所によってはなんと3,800円から泊まれるので、ビジネスマンや宿代をおさえたい旅行者からの信頼も厚い。

そんな東横イン、見た目がわりと特徴的で、ビジネスホテルの外観としてはトップクラスのフォーマット力というか、とにかくわかりやすく覚えやすい色形をしている。

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

<この色合いがいい>
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/06/29.jpg

彼専用の東横インをプレゼントする…そんなことできるのか。

フン…諸君。その心配は無用だ。

この夢のプレゼントを贈るには、巨万の富を得る以外に「建築模型をつくる」という方法がひとつ残されているのだよ。

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

<家を建てたりするときによく見る、アレ>
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/06/34.jpg

建築模型とは、実際の建築物を計画する際に説明やプレゼンのためにつくられる模型のことだ。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy