ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

取り壊す学校を巨大なキャンパスに! 「校舎の思い出プロジェクト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

取り壊す学校を巨大なキャンパスに! 「校舎の思い出プロジェクト」
校舎の壁に絵を描く様子
ぺんてる株式会社とキヤノンマーケティングジャパン株式会社が共同で、建て替えや統合により取り壊される小学校校舎での思い出づくりをサポートする「校舎の思い出プロジェクト」を、6月28日(土)より開始する。

本プロジェクトは、両社の得意分野を活かし、子どもたちが校舎の壁にクレヨン等で絵を描き、その製作過程をカメラマンになった子ども自身が一眼レフカメラで撮影するという、子どもたちの手で思い出をつくり・残すことができる企画。

東京都豊島区・池袋第三小学校でのイベントを皮切りに、東京都近郊の小学校から順次実施する。

最後の思い出づくりをサポート

1970年代前半の第2次ベビーブーム期に建築された、築25年以上の公立小中学校の老朽化対策に追われている昨今。

対策を必要とする校舎が特に東京・大阪などの大都市圏に集中しており、まさに今、各校の改修・改築を計画している最中であるという。しかし、建て替えには最低2年はかかり、5年生・6年生は慣れ親しんだ校舎で卒業できないという現状も。

そんな状況から、ぺんてる社とキヤノンマーケティングジャパン社によって立ち上げられたのが「校舎の思い出プロジェクト」。両社の強みを活かし、子どもたちの最後の思い出づくりをサポートする。

「校舎の思い出プロジェクト」とは?

校舎の思い出プロジェクト

まずは子どもたちが、各クラスごとにテーマを決めて考えたデザインを、校舎内の壁に絵の具・クレヨンで描く。完成した絵を撮影し、大判ポスターにして額装の後、学校に寄贈されるとのこと。

また、その制作の様子は「広報カメラマン」となった子どもたちが一眼レフカメラで撮影。そちらの写真はフォトブックにまとめられ、思い出として残される。

イベントの最後には、校舎の外壁に保護者・卒業生・近隣住民も一緒に思い出を描き、交流を図る。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。