体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneについにニコニコ生放送視聴、放送アプリが! もう手軽すぎてやばいんですけど

ニコニコ生放送アプリで放送中

『iPhone』の生放送アプリといえば今まで『Ustream』のアプリに『TwitCasting』があったがそこに『ニコニコ動画』もついに参戦。AppStoreより無料でダウンロードすることが可能となった。AppStoreより「ニコニコ生放送」と検索すれば簡単にアプリが見つかるはず。早速ダウンロード、インストールして『iPhone』からニコニコ生放送をしてみよう。

――AppStoreの無料カテゴリ1位
ニコニコ生放送アプリは発表以来ものすごい勢いでダウンロードされたらしく、現在無料カテゴリで1位となっている。同じくAppStoreのレビューも450件以上付けられているが、現状のバージョンが初期バーションであることも考えれば今後に大いに期待出来るだろう。

――生放送の視聴
今回のアプリにより生放送も視聴することが可能となった。視聴に関してはトラフィックの融通もあるが、番組表も用意されており『iPhone』のみでもそれなりに生放送を把握することができる。番組表に表示されるのはもちろん予約されている生放送だけに限る。これはPCも同様だ。

――生放送機能 ※ただしプレミアムに限る
『iPhone』アプリから手軽にニコニコ生放送が出来る神々しいアプリ。今まで生放送と言えば放送機材に中継機など大げさな機材が必要だったが手の平サイズの『iPhone』1つとキミの勇気だけで放送できてしまうのだ。『iPhone』アプリからの生放送はプレミアム会員のみとなっている。

また放送する際はどこかのコミュニティに所属する必要があるようだ。新規にコミュニティを作るのが面倒な人は既に「iPhoneコミュニティ」がいくつも存在するのでそこに入会すると良いだろう。もちろん自分でコミュニティを作ってしまっても良いし、記者のコミュニティ(http://com.nicovideo.jp/community/co264874)から放送して貰っても構わない。放送時にどの放送コミュニティから放送するか選ぶことができる。また放送タイトルはデフォルトでは「iPhoneからテスト」となっているので面倒でなければ変更を加えておこう。

『Twitter』の設定項目に関しては、自分の『Twitter』アカウントを設定することにより投稿することが可能。

<この項のおさらい>
・放送はプレミアム会員のみ
・コミュニティ入会必須
・Twitterからも投稿可能(任意)

<手順と説明>
・アプリを起動する
・下にある「放送する(右から2番目)」をタップ
・タイトル、詳細、放送するコミュニティ、カテゴリなどを決めて左上の「放送を作成」をタップ。
・「ニコニコ生放送利用規約」が出てくるので“同意”する。最後までちゃんと声を出して読もうね!
・カメラが起動し上に映像、下にコメントとアイコンが表示される。
・「放送開始」をタップするまで放送は開始されないので、タップしよう。
・設定で「コマ数優先」と「画質優先」の設定が可能(デフォルトはコマ数優先)。
・放送中に音を消したい場合はスピーカーのアイコンをタップすればミュートになる。
・番組終了する際は「番組終了」をタップ(PCから切り替えた場合このアイコンは無い)。

タイトルなどを設定しよう メニュー画面のアイコン一覧

――実際に生放送してみる
『iPhone』片手にガジェット通信オフィスの中を生放送してみることにした。なかなか接続がうまくいかないが何度かトライすると生放送成功。どうやら混み合っていたようだ。PC側で観ている人曰く、「画質が凄い綺麗!」とのこと。よく考えれば『iPhone 3GS』は300万画素のカメラだった気がする。そこら辺に売っているウェブカメラよりも性能が良いのかもしれない。コメントだが上コメは放送中も可能。通常コメントはやりかたがわからなかった。音が出ないという人も一部居たがそれは『iPhone』をマナーモードにしているのが原因だとか。また『iPhone』側のボリュームにも関係してくる。実際に放送を行ったのはWi-Fi環境だったため比較的安定して放送が行えたが、3G回線だともう少し画質や音が劣化しフレームレートも低下するだろう。やはり気になったのは放送中のメール受信や文字変換候補(後述参照)が放送されてしまうことだろうか。これに関しては早急に改善してほしいところだ。ちなみに30分の放送でのバッテリー消費は約25%(100%状態から放送開始)。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。