ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん治療に特化した資金調達サイトが米国でスタート、患者の経済負担をサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ある日、がんと診断される。ほとんどの場合、それは突然であり、多くの人はショックを受ける。
ショックが収まらない中で闘病生活に入るが、ショックとは別のところで患者やその家族の頭を悩ませるのが経済面のことかもしれない。
特に、米国では医療費が高く、しかも医療保険に加入していない人が少なくない。そうした人は治療を受けたくても経済的に難しく、ましてや最近では効果が期待できる先端医療は目が飛び出す額だ。
■ネット上で患者のプロフィール紹介
そこで、このほど登場したのががん治療のための資金を広く募るサイト「Standbuy」だ。Standbuyは、インターネット上で闘病資金を調達したい人がキャンペーンを展開することができるというもので、患者のプロフィールやがんの種類、目標額、期限などが顔写真とともに掲載される。
そうしたプロジェクトを見て「力になりたい」と思った人が差し出すお金は、Standbuyを通じて患者に届けられる。1人あたりの寄付は小さくても、キャンペーンに賛同する人が多ければ多いほどトータルとしては大きな額となる。それを支えるのがインターネットの力というわけだ。
■コメントで闘病生活サポートも
同サイトではまた、患者がサイトに近況や心境などを投稿し、それらをFacebookやTwitterなどのSNSと連動させることもできる。もちろんそうした投稿へのコメントもありで、友人やキャンペーンを支える人の存在を身近に感じられるようにすることで患者の闘病生活をサポートしたいとの意図だ。
Standbuyはまだスタートして間もないため、現在展開しているキャンペーンの調達額はまだまだ少ない。しかし、今後その存在を多くの人に知ってもらうことで、機能していくと思われる。
インターネットの浸透に伴い、こうした動きは他国でも広がる可能性がありそうだ。
Standbuy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP