ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自由という思考停止(メカAG)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

自由という思考停止(メカAG)

自由自体は俺も好きなんだよね。だからずっと言論やネット活動の自由を訴えている。そもそも生物の進化が自由競争なのだから、これ以上実績のあるメソッドはおよそ考えつかない。

ただね…自由という言葉で思考停止しているブロガー&ジャーナリストが多いように思う。何かわからないが自由にすればすべてよくなる、みたいな。

まあ「すべてよくなる」という主張をしてもいいんだけど、そのプロセスというかメカニズムの分析が欠けている人が多い。やっぱ予測する以上は、こうするとこうなって、これがああなるから、最終的にこうなるはずで、それはよいことなんだ、というものであるべきだと思うんだよね。その分析が脳天気なほど楽観的ななものであってもいいのだけど、全然そういう分析をしないのはどうかと思う。

   *   *   *

なんというか「自由にすればなんでも良くなる!」というだけなら馬鹿でも言えるわけだよね?「俺は馬鹿よりは少しは考えてるんだ」と示したいなら、「馬鹿では言えないこと」を少しは主張に含めたらどうなんですか、と。

それとも「馬鹿でも思いつくことを、壊れたレコードのように大声で繰り返し主張することが俺の生き方なんだ」という人たちなんでしょうかね、ブロガーとかジャーナリストというのは。

(馬鹿との)差別化を考えないんでしょうかね…。

「自由」とか「平和」というのはあまりにも強力な言葉過ぎて、それに頼ると思考停止しちゃう。思考停止しても(つまり馬鹿で言えることしか言わなくても)人々の支持を得られてしまう。どんどんその安易な世界に浸っていくことになる…。ブロガーやジャーナリストに堕落をもたらす麻薬だよね。

   *   *   *

自由というのはマクロ的なものであって、それはミクロ的にみるとむしろ不自由をもたらすものだ。例えば先物市場に導入されているサーキットブレーカー制度。変動幅が大きすぎると冷却期間として取引を中断する。ある意味自由を制限する仕組みだ。

でもマクロ的に見ればこれも自由の一つなんだよね。つまりサーキットブレーカー制度を導入するか否かが自由意志の結果なわけだ。いいかえればルールを設定する(変更する)自由があるということであって、ルールがないという状態ではない。

   *   *   *

ひとつ確実なことは「自由にすればなんでも良くなる」と叫んでいるだけの間は、そこから何も思考が深まっていかないということ。

なんか固い岩盤を避けて、横にだら~んと広がっていくだけに見えるんだよね。「自由」を叫んでいる限り、ある深さより先には掘り進められない。そうするとやることがなくなってしまうので、横方向に手広く広げていくしかなくなる。

まあ、それでいいならいいんですけどねぇ。そんなんで他と差別化して、グローバル社会を生き残れるんでしょうかね。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年06月20日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP