ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【東京おもちゃショー2014】放課後の怪談をテーマにした『あけてドッキリ!! トイレの花子さん』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


6月12日から15日にかけて東京国際展示場(ビッグサイト)で開催された『東京おもちゃショー2014』。メガハウスは放課後の怪談をテーマにしたパーティーゲーム『あけてドッキリ!! トイレの花子さん』を出展しました。



学校にまつわる怪談でメジャーな“トイレの花子さん”をモチーフにしたパーティーゲーム。1~4人のプレイヤーが順番にトイレのドアを開けていき、中に何もいなければセーフ。


トイレの下には「2回扉をあけて……」「次の人はパス」など指示が出るので、開けた人はドアを閉めて指示に従い、ゲームを進めていきます。


運が悪いと花子さんがバンッ! とトイレのタンクから飛び出してきます。花子さんって、タンクに隠れてたんだ!

『あけてドッキリ!! トイレの花子さん』は7月下旬の発売予定。価格は2500円(税抜き)です。


『あけてドッキリ!! トイレの花子さん』は、メガハウスの『放課後の怪談シリーズ』第2弾の製品。第1弾の『恐怖! ドキドキクラッシュ人体模型』が3月に発売されています。



順番に引いたカードのパーツを人体模型にそーっと戻していき、人体模型に気づかれるとガイコツが飛び出してガタガタ暴れだすというパーティーゲーム。価格は3980円(税抜き)です。


シリーズ第3弾として、人面犬に捕まらないように学校から脱出を目指すボードゲーム『人面犬からにげろ! 学校大脱出(仮)』も開発中。お邪魔キャラとして、人体くんと花子さんも登場します。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP