ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドは1個のトレーに8枚までパティを保温しておける

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
and_579077

マクドナルドの食材は分単位で「廃棄するまでの時間」が決められている。例えばハンバーガーのパティ、マックフライポテト、チキンマックナゲット、えびかつ等は、品質を保つために一定時間売れ残ると廃棄するのだ。

パティはトレーと呼ばれている保温機に入れ、オーダーが入るまで保温しておく。トレーはいくつもあり、一つ一つにタイマーがついている。パティを焼いた後、トレーに入れてタイマーを押す。そうする事で、保温可能時間を過ぎたパティが分かるのだ。

マクドナルドに詳しい人物によると、とあるマクドナルドA店では、1個のトレーに8枚までパティを保温しておく事が出来るそうだ。トレーに入れるパティの数は4枚でも6枚でもいいが、最大は8枚。

しかし、トレーに4枚を入れてタイマーをオンにしてしまったら、いくらスペースに空きがあるからといって、後から追加でパティを入れる事は出来ない。なぜなら、廃棄するパティと新しいパティを混ぜる事になるからだ。

新しいパティが焼けたら、それは別のトレーに入れておく必要がある。決してパティを混ぜてはいけないのだ。

最初から8枚焼いて保温しておけばいいと思うかもしれないが、店舗によっては、グリルスペースの関係で8枚同時に焼けない店舗もある。沢山焼くと廃棄する事にもなりかねないので、8枚MAXまでトレーに入れない店舗もあるそうだ。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。